窓の格子を後付け!内側に取り付ける位置や費用の相場はいくら?

窓の格子を取り付ける事には
見た目やデザイン以外にも
重要な役割があります。

既存の窓に後付けする事でも
同じ効果が期待できます。

  • 窓の防犯の対策になる
  • 転落防止の対策になる

お家や家族を危険から守ってくれるので
万が一に備えて
取り入れておきたいアイテムですね。

しかし、
窓の格子の種類や費用や取り付けに
最適な場所などわかりにくい事も多いですよね?

そこで今回は、
窓の格子を後付けする費用の相場や
内側に取り付ける位置などを
紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。


窓の格子の後付け!内側に設置する費用はいくら?

窓の格子を内側に後付けする費用は
格子の種類や窓の大きさにもよって
変わってしまいますが

一般的なサイズの窓の場合には
約50000円程度〜になります。

金額の中には
作業代と格子の代金が含まれていますので
窓の大きさや格子のデザインによって
費用は変わってしまいます。

窓の格子の後付け!どんな種類があるの?

窓の格子を後付けする場合に
選べる格子の種類は
大きく分けて4種類あります。

ヒシクロス、井桁、縦格子、横格子です。

ヒシクロスは格子の間隔が狭いので
防犯性能もほかの格子に比べて期待できますし
見た目も洋風でおしゃれです。

井桁は和風のテイストが強い正方形のデザインで
格子の間隔によっては防犯性能も上がりますが
ヒシクロスには及びません。

縦格子、横格子はそのまま
縦と横に組まれた格子で
見た目はとてもシンプルです。

内側に後付けする場合には
室内のイメージがごちゃごちゃしない
シンプルな縦格子や横格子が好まれます。

細かい格子にする事で
外からの視線を防ぐ事も可能ですが
内側につけるのは使い勝手が
悪くなってしまうこともあります。

こちら記事では窓の目隠しルーバーについて
後付けにかかる費用などを
紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

⇒窓の目隠しルーバーの後付けは可能?取り付け費用の相場を解説

内側に後付けする場合には
取り付けた後の窓や網戸の掃除にも
注意が必要になります。

窓の格子の後付けする位置の決め方は?

窓の格子を後付けする位置は
1階の窓なのか2階の窓なのかや
格子をつける目的によって変わります。

1階の窓に防犯の対策が目的でつける場合には
窓の開閉部分だけでなく
全体を覆うようにら取り付ける必要があります。

2階の窓に転落防止の対策として
取り付ける場合には
格子の天端が1100mmを超える高さに
設置する必要があります。

さらに掃除のしやすさなども考慮して
取り付けることが大事ですよ。

窓の格子の後付けにかかる費用のを抑えるには?

窓の格子の後付けは窓の大きさや
周りの状況によっても変わってしまいます。

依頼する業者によっても費用には
差が出てしまうので注意が必要です。

費用を抑えるには複数の業者に
見積もりを取ることが大事になります。

リノコでは最大で5社から
同時に見積もりを取ることが出来るので
ぜひ参考にしてください。

⇒リノコで窓の格子の後付けをお願いしてみる

お家の中の工事になるので
安心して任せられる業者に
お願いしたいですよね。

窓の格子の後付けは自分で行うことも可能なの?

複数の業者の見積もりを比較することで
窓の格子の後付けにかかる費用を
抑えることはできますが

もっと費用を抑えるには
自分で取り付けを行うことです。

格子の本体には費用がかかってしまうのは
仕方ないですが取り付けは自分でも出来ます。

固定方法が悪いことで
防犯性能が下がってしまったり
体重を支えられないようでは

窓の格子の意味が無くなってしまうので
注意が必要になります。

窓の格子の取り外しは自分で行うことは可能なの?

窓の格子は自分で取り外す事もできます。

しかし、
業者に取り付けを依頼した格子や
窓と一体型になった格子の中には
取り外すことが出来ないものもあります。

防犯の対策を目的として
取り付けを依頼した場合には
専用の工具を使用しないと
取り外せないものもあるので注意が必要です。

窓の格子を内側に後付けすると防犯に役立つ?

窓の格子を後付けすることで
掃除のしにくさなどの問題も出てきます。

それでも内側に取り付ける事で
防犯の対策になります。

窓の外側に格子を取り付けるだけでも
防犯の対策になりますが
内側にも格子がある事で抑止力にも繋がります。

不審者の多くは
時間がかかることを嫌うので
内側に格子が見えるだけでも
効果が期待できますよ。

こちらの記事では窓の手すりを
内側に取り付ける費用や
設置の最適な高さを紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒窓の手すりを内側に取り付け!設置にかかる費用や最適な高さは?

窓の手すりの取り付けには
危険を防ぐ細かな条件がありますので
合わせて知っておくことが大事です。

窓の格子は定期的に掃除をした方がいい?

窓の格子は定期的な掃除をおすすめします。

見た目や衛生的な問題もありますが
防犯の対策としても
手入れの行き届いていない格子では
抑止力としての効果も薄れてしまいます。

窓や網戸の掃除と
合わせて格子も定期的に掃除をしたいですね。

まとめ

今回は窓の格子の後付けについて
内側に取り付ける位置や費用を紹介しました。

窓の格子の後付けについて

  • 内側に取り付ける費用
  • 窓の格子の種類
  • 取り付けに最適な位置
  • 費用を抑えるコツ
  • 格子の後付けは自分でも行える
  • 格子の取り外すしは出来ない物もある
  • 防犯の対策としても役立つ
  • 定期的な掃除が大事

を紹介させて頂きました。

窓の格子をつける事で防犯の対策になりますが
リビングの吐き出し窓や腰窓には
取り入れることができません。

こちらの記事では
格子がつけられない窓にも有効な
シャッターの後付けについて

取り付けの料金やメリットを
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒窓のシャッターの後付け費用!取り付けの料金やメリットとは?

シャッターの後付けには費用もかかりますが
防犯の対策としては
かなり効果が期待できますよ。

Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント