駐車場の砂利の費用とは?DIYと業者に依頼する料金の差を比較

駐車場に砂利を敷く場合には
選ぶ砂利の種類や面積によって
費用は大きく変わります。

しかし、駐車場の砂利の種類や
面積に対する費用はわかりにくいですよね?

そこで今回は、
駐車場の砂利の費用をDIYした場合と
業者に依頼した場合で比較して紹介します。

自分で行った方が安く済みそうですが
例外もあるのでぜひ参考にしてください。


駐車場の砂利の費用はいくら?業者とDIYと2つのパターンで比較

駐車場の砂利の費用を業者に依頼した場合と
DIYした場合の2つのパターンで紹介します。

高級な化粧砂利も販売されていますが
今回は駐車場の砂利として
一般的な砕石で比較していきます。

1.業者に依頼する場合

業者に依頼した場合の費用は
砂利の金額に人件費と
運搬費を足した総額になります。

運搬費については場所や地域によって
差が出てしまいますが
4トン車で約10000円程度〜です。

50平米の駐車場の場合には6立米、
4トン車で2台分の砕石が必要なので
約20000〜25000円程度になります。

人件費については現状の状況にもよりますが
地盤の調整、敷き均し、転圧で
約80000円程度はかかります。

業者に依頼する場合には
合計で10万円程度〜になります。

業者によって金額は変わってしまうので
複数の業者に見積もりを取ることが大事です。

リショップナビでは最大で5社の
リフォーム会社を紹介してくれますので
ぜひ参考にしてください。

⇒リショップナビで駐車場の砂利をお願いする

砂利を敷くのは思っている以上に
重労働なので手間を考えると
そこまで高い金額ではありませんよ。

2.DIYで行う場合

DIY駐車場の砂利をする場合には
費用の違いは選択する砂利の種類だけです。

ホームセンターやインターネットで
砂利を購入する場合は
1袋あたり2000円程度で売られています。

1平米あたりに10袋を目安に計算するので
同じ条件で比較すると
砕石の費用だけでも1袋2000円×500袋で
約10万円になってしまいます。

これなら業者に依頼した方が良いですが
地元の建材屋さんがある場合には
もっと費用を抑えることができます。

建材屋から直接購入する場合には
2トントラック1杯で
約5000円〜購入できます。

少なくとも3台分は必要ですが
それでも費用は20000円もかかりません。

問題は
トラックで取りに行く必要がある事で
地盤の調整も敷き均しや転圧の手間も
全て自分で行うのでタダです。

DIYで駐車場の砂利をするなら
断然、建材屋からの購入がおすすめです。

駐車場の砂利を固めるにはどうしたらいい?

駐車場の砂利は車や人の出入りで
すぐに飛び出してしまいます。

近隣にも迷惑ですし、砂利の減った駐車場は
見栄えも良くないので対策が必要です。

簡単で人気があるのが固める事です。

砂利を固めるには専用の液体をスプレーで
吹きかけるだけの商品もあります。

こちらの記事では
駐車場の砂利をら固める方法や
必要なアイテムを紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒駐車場の砂利を固めるには?簡単にできる方法や必要なアイテムは?

車の出入りが多い場合は
固める以外の対策も考えた方がいいですよ。

駐車場を砂利でリフォームした場合の耐用年数は?

駐車場を砂利でリフォームした場合には
メンテナンスとしては砂利の補充程度です。

出入りによってどうしても減ってしまうので
少なくなった部分や転圧不足で
下がってしまった部分に
定期的に砂利を補充する必要があります。

しかし、メンテナンスもこれだけで
耐用年数も半永久的です。

駐車場を砂利でリフォームする場合のデメリットは?

駐車場を砂利でリフォームする場合
費用も抑えられていいこともありますが
もちろんデメリットもあります。

1つ目はすでに紹介している
出入りのたびに飛び出してしまう事です。

2つ目は大事な車のボディに
小さな傷がつきやすくなる事です。

車の出入りで砂利が飛んでしまうので
ボディに当たった砂利が
傷をつけてしまう可能性があります。

3つ目は湿気です。

砂利の駐車場は車好きの方には
避けられる傾向があります。

それは駐車場から湿気が上がる事で
大事な車の足回りに悪影響を及ぼすからです。

駐車場を砂利でリフォームする場合の業者選びのコツは?

駐車場を砂利でリフォームするには
近くの建材屋に依頼するのが
費用を抑えるコツです。

トラックでの運搬費に差が出るので
出来るだけ近場の業者に依頼したいですね。

運が良ければどこかのついでに
安く運んでくれるかもしれません。

しかし、運搬費が安くても
人件費が高くては意味がありません。

費用は業者によって様々なので
複数の業者から見積もりを取ることが大事です。

リショップナビでは厳正な審査を
通過した優良施工店を紹介してくれます。

ぜひ参考にしてください。

⇒リショップナビで駐車場の砂利を相談してみる

出来るだけ地元の業者にお願いすることで
費用を抑えることができるかもしれません。

駐車場を砂利でリフォームする場合の費用を抑えるには?

駐車場を砂利でリフォームする場合に
費用を抑えるには選択する砂利が大事です。

化粧砂利の中には高級な砂利も多く
販売されているので駐車場に使うとなると
かなりの費用になってしまいます。

価格の安い砕石の中にも
見栄えがいいものもありますし
大きさを変えることで
見た目の印象も変えられます。

費用を抑えるには
地元の建材屋に砂利をトラックで運んでもらって
自分で整地するのが1番です。

まとめ

今回は駐車場の砂利の費用について
業者に依頼した場合とDIYした場合での
費用の比較とリフォームについて紹介しました。

  • 砂利の費用を業者とDIYで比較
  • 砂利を固める方法
  • 砂利でリフォームした場合の耐用年数
  • 駐車場を砂利にするデメリット
  • 業者選びのポイント
  • 費用を抑える方法

駐車場を砂利をにするのは
費用を抑える面でも効果的ですが
車にとってはデメリットもあります。

こちらの記事では
駐車場をコンクリートにする費用や
リフォームする料金の相場を紹介しています。

砂利の駐車場では満足できない方は
ぜひ参考にしてください。

⇒駐車場をコンクリートにする費用は?リフォームの料金の相場を解説

化粧砂利や大きめの石をアクセントや
ポイントとして駐車場に取り入れることで
おしゃれなデザインにすることも出来ますよ。

駐車場
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント