駐車場をDIY!簡単で安く作れる素材とは?タイプ別を一覧で紹介

駐車場のリフォームをしようとすると
かなりの費用がかかってしまいます。

ちょっとした工事や修理なら
DIYでも簡単に安く作れそうな気がしますよね?

そこで今回は、
駐車場をDIYで簡単にそして安く作る
素材をタイプ別に紹介します。

まずは簡単そうなところから
挑戦して経験することで
最初は難しいそうだった部分の
DIYもできるようになりますよ。

ぜひ参考にしてください。


駐車場をDIYしたい!簡単で安く作成できる素材を一覧で紹介!


駐車場のDIYと聞くと難しいそうな
イメージが先行してしまいますが
実は簡単にできる部分もあります。

駐車場DIYを簡単に安くできる素材を
一覧で紹介していきます。

1.砂利

駐車場のDIYで1番簡単なのが
この砂利敷きのDIYです。

1㎡あたりの費用は
約1000円程度~になります。

砂利はホームセンターやインターネットで
簡単に購入することができるので
ただ撒くだけで駐車場にできます。

ただ撒くだけの砂利ですが
実際に購入しようとすると様々な種類が
販売されていることに気が付きます。

一般的に低価格な青砕石だけでも
その大きさで何種類も存在します。

大きさの他にも色や
その砂利が取れる場所によって
ブランド的な砂利も存在します。

さらにはコンクリートを
再生して作られた砕石もあります。

DIYで砂利敷きをする場合には
どんな砂利でどのサイズを撒きたいのかを
把握しておくことが大事なります。

と言っても
もともと砂利敷きの駐車場の
修理程度の場合は巻くだけですが

土の状態から砂利敷きの駐車場に
DIYで作るのはそこまで簡単ではありません。

土から砂利敷きの駐車場にするには
現在の土の高さから砂利を敷く厚みだけ
土を取り除く必要があります。

普段から駐車場として使用していた土は
踏みしめられることで固くなっています。

掘り返すだけでも一苦労です。

さらに全体を砂利敷きにするには
大量の砂利が必要になります。

1㎡×厚み3cmの砂利を敷くだけでも
60kgの砂利が必要になります。

1から砂利敷きの駐車場を作るのは
簡単なDIYでは難しそうです。

さらに駐車場を砂利にする場合に
考えれるデメリットもあります。

こちらの記事では
砂利のデメリットと車への影響を
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒駐車場の砂利のデメリットとは?車への悪影響があるって本当なの?

砂利の色や大きさによって
駐車場の印象がガラッと変わるので
色やサイズ選びは重要になりますよ。

2.枕木

枕木を駐車場のDIYで使用する場合には
全体を敷き詰めることはあまりありません。

費用的にも工事的にもかなり大変な
作業になってしまうからです。

1㎡あたりの費用は
約20000円程度~になります。

また、
枕木には鉄道などで使われている
木製の枕木とそれを真似て作られた
擬木のコンクリート製枕木が存在します。

木材の枕木は地面に敷くことで
劣化や腐食のすすみが早くなります。

その経年変化の様子もデザインの
一部として取り入れることができる
方には木製が人気ですが

後々のメンテナンスはできるだけ
減らした状態にしたい方には
擬木の枕木が人気です。

ただし、
木製の枕木を真似て作った擬木は
すぐに偽物だとわかってしまうので

こだわりを持って駐車場をデザインする場合には
あまり使わないことをおすすめします。

一般的な枕木の使いみちとしては
アプローチ部分へのデザインの
ポイントとして使用することが多いです。

また
枕木を立てることで駐車場のアクセントにも
使うことができます。

使い方次第でデザインの主役にもなれる枕木は
DIYで駐車場を作るにはピッタリの素材です。

3.コンクリート

コンクリートを使ったDIYで
駐車場全体を工事するのは簡単ではありません。

大量のコンクリートが必要になるのと
それだけの平米数を均一にならすのは
時間的にも経験的にも難しいからです。

1㎡あたりの費用は業者に依頼すると
約8000円~12000円程度です。

コンクリートの駐車場の修理程度であれば
DIYでも十分可能です。

コンクリートを修理で使用する際には
既存のコンクリートと修理で使った
コンクリートの色の違いが出てしまうので
注意が必要です。

どれだけベテランの職人でも
コンクリートの仕上りの色を
合わせることはできません。

仕上りのコンクリートの色の違いが
気になる方は部分的な修理は
やめておいたほうがいいですね。

思い切って全体を作り変えてしまうか
目地や溝をデザインして
修理が必要な部分とそのまま活かす部分を
切り離して工事することが大事です。

こちらの記事では
駐車場をコンクリートにする費用と
リフォームの料金の相場を解説していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒駐車場をコンクリートにする費用は?リフォームの料金の相場を解説

コンクリートにする場合には
どんなデザインにするかで
見た目も費用も変わります。

まずはたくさんの施工例をみることで
自分好みのイメージを作っておくことが大事です。

コンクリートよりも費用がかからない
素材に部分的に変更するだけでも
工事の総額は下がっていきます。

おしゃれなデザインと費用の間で
納得の行く駐車場を目指してください。

4.レンガ

駐車場全体をレンガでDIYするのは
かなりの時間と労力がかかります。

レンガ自体にはそこまで強度が無いので
全体よりもアクセントやコンクリートの
目地の代わりに使用することが多いです。

1㎡あたりの費用は
約10000円程度~になります。

駐車場のレンガをDIYで修理する場合には
同じタイプのレンガを探すことが必要です。

もちろん
あえてバラバラのレンガを並べる
デザインにすることでおしゃれにもできますが
さまざまな色を使うデザインは上級者です。

また頻繁に車が通る場所や
止まる場所にレンガを使用すると
ひび割れてしまうことがあるので注意が必要です。

駐車場をレンガでDIYする場合には
車のルートや停車位置まで計算して
作ることが大事になってきます。

こちらの記事では
駐車場のレンガが割れたり
ひび割れてしまう原因や防止策を
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒駐車場のレンガが割れる!ひび割れの原因や防止する対策はある?

駐車場にレンガを使うことで
アクセントにもなりますし
洋風のテイストを作り上げるのにも役立ちますよ。

5.タイル

駐車場をタイルでDIYするには
注意が必要です。

車が通る場所や止まる場所には
タイルを使用しないほうがいいからです。

1㎡あたいの費用は
約5000円程度~になります。

DIYでタイルを使った駐車場は
かなりの技術が必要になります。

タイルを貼る前の下地をどれだけ
強固で平らにできるかが勝負になります。

車が通る上からの荷重に耐えるには
ベテランクラスの腕が必要です。

タイルの下にちょっとした凹凸があるだけで
簡単にタイルは割れてしまいます。

DIYでタイルを使う場合には
できるだけ車の通らない場所で
おしゃれにデザインすることが大切です。

こちらの記事では
駐車場のタイルが割れてしまう原因や
修繕にかかる費用を紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒駐車場のタイルが割れる!ひびが入る原因や修繕費はいくらになる?

駐車場にタイルを使うことでおしゃれで
モダンなデザインが作りやすくなります。

統一された形の連続は
清潔感も与えてくれるので
アプローチ部分にもおすすめの素材です。

6.人工芝

人工芝を駐車場にDIYするには
下地作りが大事になります。

1㎡あたりの費用は
約5000円程度~になります。

人工芝は枯れる心配がありませんが
ユニットで組み合わせて行くものが多いので
下地の水平や均一性が仕上りに
ダイレクトに影響します。

また
毎日の車の出入りでめくれてしまわない
工夫も同時に必要になります。

芝に比べて手入れがいらない分
メンテナンスは簡単ですが
気をつけることがあるので
注意して作る必要があります。

こちらの記事では
芝生を駐車場に使用した場合の
デメリットやリフォーム前に知っておきたい
注意点を紹介するのでぜひ参考にしてください。

⇒駐車場の芝生のデメリット!リフォーム前に知っておきたい注意点

芝生の駐車場は管理が大変ですが
整備された芝生はとても綺麗で
見た目も抜群の駐車場にしてくれます。

7.アスファルト

駐車場の全体をDIYで作るのは難しいですが
簡易アスファルトを使用することはできます。

補修用の15kgで費用は約4000円程度です。

通常の高温で作業するアスファルトとは違い
常温で固めることができるアスファルトで
人力による締固めだけで固まります。

部分的な作業には向いていますが
面積の大きな駐車場などに使う場合には
仕上りに大きく影響してしまうので
機械を使った転圧をおすすめします。

こちらの記事では
アスファルトを自分で行った場合と
業者に依頼した場合の費用を比較して
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒駐車場のアスファルトの費用!自作で行う場合と業者との料金を比較

駐車場をアスファルトで作ると
デザインが乏しくなってしまうので
舗装以外の部分でのアクセントが
重要になってきますね。

駐車場のDIYは固まる土が活用できるって本当なの?

駐車場をDIYで簡単に作るには
固まる土が活用できるということを聞きます。

しかし、
固まる土自体には強度がないので
駐車場の仕上げには向いていません。

固まる土の使用方法は土とセメントに
上から水をかけるだけです。

駐車場に使用できると謳っている商品も
中にはありますが強度の保証などは
一切ないのでおすすめはできません。

固まる土は人しか通らないような
アプローチなどに使うのがおすすめです。

駐車場のリフォームを業者に依頼したい!費用の相場は?

駐車場をリフォームするには
様々な素材をかけ合わせて
おしゃれなデザインにすることが大事です。

デザイによって費用も大きく変わってしまいますが
一般的なコンクリートの駐車場への
リフォームの場合でも
約50万~100万程度はかかります。

おしゃれなデザインの駐車場にするには
施工する業者の腕によっても仕上りに影響します。

また、
同じデザインの駐車場にリフォームする場合でも
実は業者のによって費用は変わってしまいます。

複数の業者に同じデザインで
見積もりを依頼することは難しいですが
それぞれのデザインで
見積もりをもらうことが大事です。

素材や使用する量が変わると比較するのも
難しくなってしまいますが見積もりを
見比べることで相場の費用がわかります。

リショップナビでは最大で5つの
リフォーム会社を紹介してくれるので
納得のいく見積もりを出してくれた会社に
安心して依頼することができます。

⇒リショップナビで駐車場リフォームの見積もりをお願いする

リショップナビで紹介してくれるリフォーム会社は
厳正な基準をクリアした優良施工店だけなので
仕上がりも安心して任せられます。

まとめ

今回は駐車場をDIYで簡単に作る
素材をタイプ別に紹介しました。

また、
話題の固まる土の注意点や
業者に依頼する場合の注意点も
あわせて紹介させて頂きました。

  • DIYで簡単に作れる7つの素材
  • 固まる土を駐車場に活用できる?
  • 駐車場リフォームの費用と注意点

駐車場のリフォームには
想像以上の金額がかかってしまうこともあります。

DIYできる部分で費用を抑えることで
どうしてもこだわりたい部分に
予算を回すことができます。

おしゃれな駐車場は誰もが
憧れることなので工夫して
手に入れることが大事です。

未分類
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント