洗面台を造作にする費用はいくら?オリジナルタイプの台の相場を解説

造作の洗面台は
既製品にはない
おしゃれな感じが
人気の理由です。

しかし、おしゃれな
造作洗面台にするには
費用がかかってしまいます。

そこで今回は、
洗面台を造作する場合の
費用とその相場を
紹介します。

造作の洗面台といっても
素材や作り方など
幅広いのでおしゃれな
洗面台を検討している方は
ぜひ参考にしてください。


洗面台を造作にする費用の相場はどのくらいになる?


洗面台を造作にするには
どのくらいの費用が
かかると思いますか?

一般的な既製品の
洗面台だけでも
10万円程度はします。

造作にする場合は
金額の幅はありますが
20万円程度からです。

選ぶ素材やサイズなどで
大きく変わってしまうので
一概には言えません。

憧れのデザインや
希望のテイストがある場合は
業者と相談して
見積もりを取ることが大事です。

リノコでは
複数の優良施工店に
一度に見積もりを依頼できます。

業者によっても
見積もり金額に差が出ますが
一度に見積もりを取ることで
比較検討が簡単にできます。

ぜひ参考にしてください。

⇒リノコで造作洗面台の見積もりをお願いしてみる

予算と合わない場合には
価格の交渉を
代行してくれるサービスも
あるので安心ですね。

洗面台を造作にする2つのメリット!


造作の洗面台にするメリットは
数多くありますが
ここでは既製品にはない
2つのメリットを紹介します。

1.オリジナル感がある

洗面台を造作にすることで
オリジナルの空間を
演出することができます。

カウンターに洗面ボウルを
置くだけでも雰囲気は
グッとおしゃれになります。

既製品の洗面台では
どうしても似たり寄ったりに
なってしまいがちです。

お家のテイストに合わせる
ことができること
これが1つ目のメリットです。

2.間取りに合わせた設計が可能

お家のテイストに
合わせるように
洗面所の間取りにも
合わせて造作することができます。

既製品では対応できない
収納場所の確保や
細かな高さや位置も
造作の洗面台では
全てが自由です。

洗面台と洗濯機の間に
できてしまう微妙な
隙間も造作でなら
デットスペースにせず
有効活用が可能になります。

間取りや収納の追加など
細かな部分への
自由度の高さが
2つ目のメリットです。

洗面台を造作にする2つのデメリット!


洗面台を造作にすることで
無駄なスペースをなくした
使い勝手のいい
おしゃれな洗面台になりますが
もちろんいい事だけではありません。

造作にした場合の
デメリットも紹介します。

1.仕様によって値段が高い

洗面台を造作にするか
悩んでしまう最大の要因が
仕様による値段の高さです。

憧れや希望を
全て叶えようと
あれもこれもと選んでしまうと
びっくりするくらい
高い金額にになって
しまうことがあります。

カウンター、洗面ボウル、
水栓、排水金物など
洗面台を造作にするには
必要な部材がたくさんあります。

どこに予算をかけて
何を我慢するのか
しっかりと計画することが
大切になってきます。

2.不具合の保証がない

2つ目のデメリットは
不具合の保証がないことです。

メーカーの洗面台では
1年や2年の保証期間が
設定されています。

洗面ボウルや水栓など
それぞれの部品の保証はあっても
洗面台としての保証はありません。

何か不具合があった場合は
作ってくれた業者に
相談するしかありません。

洗面台の造作と既製品の違いはなに?


造作の洗面台と
既製品の違いは自由度です。

既製品の洗面台でも
サイズや扉のデザインなど
選べる箇所はあります。

しかし、規格の中での
選択しかできません。

造作の洗面台では
ミリ単位で調整が可能です。

既製品ではできてしまう
隙間も造作で埋める
こともできます。

好きなところに収納を
追加することも可能です。

洗面ボウルや水栓などの
素材を選べるだけではなく
サイズを自由に変えられることが
既製品との大きな違いです。

洗面台を造作にする際のメーカーの選び方は?


洗面台を造作にする場合
どのメーカーの洗面ボウルや
水栓を使うかは自由です。

よほど特殊なものでない限り
選ぶことができます。

しかし、
メンテナンスの点からすると
キッチンやお風呂、トイレなどと
メーカーを合わせた方が
修理の依頼の際には便利です。

気に入ったデザインの
洗面ボウルや水栓があるなら
メーカーを気にする必要は
ありません。

洗面台は様々なメーカーから
販売されています。

好みのデザインや形など
幅広いラインナップに
悩んでしまうこともあります。

こちらの記事では
洗面台のリフォームの
人気ランキングを
紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒洗面台のおすすめのメーカーは?リフォームに人気のランキング5選!

洗面台を造作にするならカウンターがおすすめ?


洗面台を造作にするなら
カウンターがおすすめです。

空間を余すことなく
使えるのはもちろん
高さや収納の位置など
使い勝手に合わせて
造作することが可能です。

カウンターに使用する
素材を変えることで
雰囲気をガラッと
変えることごできます。

人工大理石からタイルまで
幅広いテイストに
アレンジすることができます。

カウンターの上に
シンプルな洗面ボウルが
あるだけでも
十分おしゃれな洗面台に
変身することができますよ。

洗面台を造作にするならタイルを使っておしゃれ度アップ!


洗面台のカウンターや
周りの壁にタイルを
貼るのもおすすめです。

選ぶタイルによって
雰囲気はまったく変わりますが
可愛らしいカントリー調から
モダンなテイストまで
好みに合わせた造作が可能です。

壁にタイルを貼ることで
水跳ねによる壁の劣化を
抑えることもできます。

デザインと機能性を
兼ねたタイルの洗面台ですが
メンテナンスは必要です。

タイルの欠けや目地の汚れなど
おしゃれと引き換えに
必要なこともあります。

こちらの記事では
タイルのリフォームについて
紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒洗面台のタイルをリフォーム!カスタマイズにおすすめな理由を解説

タイルをカスタマイズすることで
洗面台の雰囲気を
ガラッと変えることもできます。

まとめ

今回はオリジナルの
造作洗面台にする為の
費用と相場を紹介しました。

  • 造作にする費用と相場
  • 造作の洗面台のメリット
  • 造作の洗面台のデメリット
  • 既製品の洗面台との違い
  • メーカーの選び方
  • 造作におすすめのカウンター
  • タイルでおしゃれ度アップ

洗面台を造作にする事で
見た目のデザインはもちろん
使い勝手も良くなります。

費用はその分かかりますが
毎日使う洗面台なので
こだわっただけ愛着も湧きますよ。

洗面台
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント