窓の断熱ボードの効果!取り付けるメリットや費用はいくら?

窓からの冷気で
急にヒヤッとしたことはありませんか?

暖房を入れていても急に窓の方から
冷気を感じることがあります。

窓からの冷気を防ぐために
断熱ボードの取り付けを検討していても
実際にどれくらいの断熱効果があるのか
設置にかかる費用がいくらなのか心配ですよね?

そこで今回は、
窓の断熱ボードの効果と取り付ける
メリットや費用を合わせて紹介します。

寒い日の防寒対策にぜひ参考にしてください。


窓の断熱ボードの効果とは?

窓からの冷気対策に断熱ボードは
どれくらいの効果があるのか知りたいですよね。

現在の住宅に使われる窓は性能も高く
ペアガラスも今では当たり前に
採用されていますし

樹脂サッシも広く普及しています。

それなのに窓の近くでは
ヒヤッとする冷気が漂ってしまいます。

その冷気の原因は主にガラスです。

室内の温度と外の温度の差によって
結露をしてしまうのもガラスの部分になります。

ガラスから侵入してくる冷気を
防いでくれるのが断熱ボードの効果になります。

通常のカーテンをしているだけでも
冷気を遮ることができますが
カーテンと床とのちょっとした隙間からでも
冷気は入ってきます。

その隙間を塞いでくれる断熱ボードには
十分な効果が期待できます。

窓に断熱ボードを取り付けるメリットは?

窓に断熱ボードを取り付けるメリットは
必要なときだけ断熱できることです。

窓からの冷気の侵入を防ぐには
アルミサッシよりも樹脂サッシにすることです。

金属の部分からは外気が伝わりやすいので
アルミよりも樹脂で作られたサッシにすることで
断熱の効果は期待できます。

さらに今では当たり前のペアガラスですが
トリプルガラスのサッシも販売されています。

単純に空気の層がもうひとつ増えることで
断熱効果を上げる事ができますが
問題は費用がかなりかかってしまうことです。

既存の窓はそのままで室内側に
もうひとつの窓を設置する二重窓も効果的ですが
これも費用がかかってしまいます。

断熱ボードであれば
寒い時期だけ取り付けることができるので
費用的にも抑えることができます。

窓の断熱ボード以外に役立つ2つの防寒とは?

窓の断熱ボード以外にも
防寒に役立つ2つのアイテムを紹介します。

できるだけ費用のかからない方法で
防寒対策をしたい方はぜひ参考にしてください。

1.断熱カーテン

遮光カーテンは光を遮ってくれるカーテンですが
冷気や暖気を遮ってくれる
断熱カーテンという物があります。

遮光と断熱のどちらにも
効果のあるカーテンも多く
寝室などには人気のカーテンですが

リビングの防寒対策としては
重たい雰囲気が残ってしまうのが残念です。

リビングなどの人が集まるところのカーテンで
防寒対策をするのであれば
少し大きめに作ることで
床や壁との隙間を
少なくする工夫でもいいかもしれません。

2.断熱シート

断熱シートは断熱ボードと似ていますが
シートタイプでガラスに発生する結露の
水滴も吸収発散してくれる
便利機能が付属されています

ガラスに直接貼り付けることで
効果を発揮してくれるので
サッシの金属部分からの冷気に対しては
防寒対策として弱い点があります。

カーテンと床の隙間から入り込んでくる
冷気にも対応できないので
他の防寒対策と併用するほうがおすすめです。

窓の断熱ボードの取り付けに必要な費用とは?

窓の断熱ボードの取り付けに必要な費用は
材料費の数千円程度です。

窓の大きさや形状によって
金額に多少の差はありますが
大きく変わってしまうこともありません。

業者に依頼することも可能ですが
専門的な知識はほとんど必要としないので
出張費や作業費が余分にかかってしまいます。

窓の断熱ボードは自分で取り付けは可能なの?

窓の断熱ボードは
自分で取り付けをする方がおすすめです。

設置は至って簡単なので業者に依頼するだけの
費用がもったいなくなってしまいます。

自分で取り付けができないタイプの
断熱ボードを施工する場合には
現在の状況を実際に業者に見てもらって
施工を依頼することになりますが

窓の防寒をする方法は限られているので
断熱ボード以外の大掛かりな工事の
提案を受ける可能性もあります。

まとめ

今回は窓の断熱ボードの効果について
取り付けのメリットと設置にかかる
費用も合わせて紹介しました。

窓の断熱ボードについて

  • 断熱ボードの効果
  • 断熱ボードを取り付けるメリット
  • 防寒に役立つ2つのアイテム
  • 断熱ボードの取り付けに必要な費用
  • 自分で取り付けも可能

と紹介させて頂きました。

窓からの冷気と同様に光に対しても
工夫した対策をしたいですよね。

気持ちよく眠っている所に
日光で起こされてしまうのは
できるだけ避けたいです。

寝室などは特に断熱と同時に
遮光に関しても対策をしたいところです。

こちらの記事では
窓の遮光の方法を眩しさを簡単に
遮断できる対策として紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒窓の遮光の方法はある?眩しさを簡単に遮断できる対策を紹介

窓の周りは外とつながる部分なので
室内の環境に大きく影響します。

日光の暖かさや光は取り入れたい時と
遮りたい時が分かれてしまうので
生活のリズムに合わせた対策を
幅広く知ることが大事です。

Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント