駐車場の防犯カメラの設置!取付工事の費用や自分でつける方法も

駐車場に防犯カメラがあれば
来客や不審な人物の行動を
家の中から把握することができます。

留守の間に知らない人が出入りしていると
思うと少し怖いですよね。

しかし、
防犯カメラの設置に費用がかかりますし
どんなタイプを選んだらいいのか
種類も多くわかりにくいですよね?

そこで今回は、
駐車場に防犯カメラを設置する費用と
自分で取り付け方法も合わせて紹介します。

ぜひ参考にしてください。


駐車場の防犯カメラの設置!自分で行うのも可能?

駐車場に防犯カメラを設置したい場合には
業者に依頼するのが一般的です。

配線工事や取り付け工事も
難しそうに感じてしまいますが
実は、防犯カメラの設置は自分でも可能です。

防犯カメラを設置する柱など取り付ける場所が
すでにある場合にはそこまで難しくありません。

穴を開けたりせずに
固定する方法を採用することで
失敗も少なくなるのでぜひ参考にしてください。

駐車場の防犯カメラの設置を自分で行う場合の方法は?

駐車場の防犯カメラの設置を
自分で行う方法は次の通りです。

  • 設置場所の確保
  • 電源の確保
  • 取り付け方法の選定
  • 防水処理

設置場所の確保は
カーポートなどの柱がある場合には
柱に設置するのが簡単な方法です。

家の軒先などにも設置することができますが
防犯カメラの設置用に
柱を新設することもおすすめです。

防犯カメラの性能にもよりますが
設置場所と録画できる範囲がちょうどいい
角度であれば問題ありませんが
思ったところにちょうどいい柱が
あることはほとんどありません。

設置場所はどこを録画したいかを
最初に検討する大事な要素です。

駐車場に防犯カメラを設置するには
電源が必要になります。

どこから電源を確保するのかを確認して
取り付け場所までの配線も
計画段階で検討する必要があります。

取り付け方法は固定する方法がおすすめです。

柱や取り付け台座に穴を開けたり
ビスで止めたりすることもできますが

失敗の原因や防水面の心配も増えてしまいます。

防水処理は電源の配線や防犯カメラの
接続部分などをしっかり防水テープなどで
処理することが大事です。

駐車場の防犯カメラの設置を業者に依頼する費用は?

駐車場の防犯カメラの設置を
業者に依頼する費用は取り付け方法や
電源から取り付け場所までの距離に
よっても差が出てしまいます。

もちろん選択する防犯カメラの種類にも
大きく影響を受けます。

同じ商品と工事内容でも業者によって
費用に差が出てしまうこともあるので
注意が必要です。

費用の相場を知るには複数の業者から
見積りを取ることが大事です。

リショップナビでは最大で5社の
リフォーム会社を紹介してくれます。

同時に見積もりを取ることで
内容を比較することができるので
ぜひ参考にしてください。

⇒リショップナビで防犯カメラの設置工事を相談してみる

たくさんの種類の防犯カメラが
販売されているので商品選定や
計画までしっかり相談に
乗ってくれる業者に依頼したいですね。

駐車場の防犯カメラを取り付けるメリットは?

駐車場の防犯カメラを取り付けるメリットは
何かが起きた時に原因を判断できることです。

録画された証拠を残すことができるので
安心できるという点もありますし
防犯カメラが設置されているだけで
不審な人物への抑止力にもなります。

防犯カメラのあるお家への被害は
設置していないお家に比べたら
断然減らせるので安心できますよね。

駐車場の防犯カメラでおすすめ商品はある?

駐車場の防犯カメラでおすすめの商品は
屋外でも安心して設置ができる防水タイプです。

さらに夜間の録画もできる
赤外線やモーション感知などの
機能が揃っているものがおすすめです。

できることならスマートホンとの
連携ができるタイプが理想ですね。

外出先でも何かあれば
通知が届く設定にしておくことで
安心してお出かけもできます。

駐車場の防犯カメラ!自宅に最適なおすすめ商品3選

駐車場の防犯カメラにおすすめな商品を
3つ紹介します。

紹介する商品以外にも
様々な機能や特徴のある防犯カメラが
数多く販売されているので
ひとつの参考にしてください。

1.Ctronics弾丸型防犯カメラ

出典 https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

100万画素のワイヤレスカメラで
屋外でも安心のIP66防水になっています。

夜間も安心の赤外線LEDや動体検知も
搭載したおすすめの商品です。

さらに外出先でも安心のスマートホンとの
連携もアプリを通して簡単にできます。

簡単にwifiと繋がり記録するカードは買わなかったのですが人が通ると写真を三枚スマホに送るようにしています。安くて非常に良い商品です。タブレットやpcからも可能でした。夜もはっきり見えます。

ワイヤレスということだったので、電池かソーラー式かと思ったらコンセントが必要でした。家の外に設置したかったのですが、なかなか外にコンセントないんですよね。

wifi経由でスマホに状況を表示させることができるのはとても便利ですね。また記録もできるので何か合ったときに証拠として残すことが出来ます。カメラがあることでも防犯の抑止力になりますので、そういった意味でも買った価値があると思います。

防犯カメラには電源が必要になります。

設置する場所によっては
配線が難しい場合もあるので前もって
電源の位置を確認することが大事です。

⇒Ctronics弾丸型防犯カメラをもっと詳しく見る

スマートホンとの連携はかなり便利ですが
電源同様に電波の確認もする必要があります。

2. TMEZON AHD防犯カメラ

出典 https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

AHD200万画素のカメラで
従来のアナログカメラよりも
画質が格段に進化しています。

高画質になったことで顔の人相や
ナンバープレートなども
確認することができる商品です。

今まで、50万画素くらいの防犯カメラを買ってましたが、レコーダーをTMEZONにしたので、試しにこちらの防犯カメラを購入取付たら、昼も綺麗ですが特に夜に差がでます。他のカメラは少しピンボケみたいですが、こちはかなり細かく綺麗に映ります。

画質はま~ま~ですけど、なんていうのか魚眼レンズ??ぽくラウンドした画像になります。防犯カメラは他に7台有りますが、このカメラは正直見難いです。

これの一つ下を買った時に 故障の対応が良かったので、安心して買うことが出来ました広角を最大にした時 今まで見えなかったところまで監視することが出来ました
とても 満足してます。

AHD200万画素の画質は評価されていますが
画像の見難さには個人差があるので
好き嫌いが別れてしまうかもしれませんね。

⇒TMEZON AHD防犯カメラをもっと詳しく見る

2.8-10MMの手動調節可能なレンズが
搭載されているので画像を
ズームすることができますよ。

3.ELP 720p HD

出典 https://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo

100万画素のUSB防犯カメラです。

屋外でも使用可能な防水性能と
赤外線LEDを搭載しています。

他とは違うHDのUSBカメラなので
難しい配線や設定も少なく
とても簡単に設置できます。

この値段帯でUSB接続・防水・近赤外線のカメラは少なく、解像度がHD対応なのはお得だと思います。

昼間の映像は申し分ない。
夜は赤外線LEDが点灯するが、850nmの赤外線LEDを使っているので、赤く光っているのが見える。950nmのIRフィルターでLEDを覆えば見えなくなるが、搭載されているLEDだけでは光源不足で近距離(5?7メートル)が限界。

マンションの3階ベランダから下の駐車場の車の防犯用に使用しています。この距離でも鮮明とまではいきませんが、十分な赤外線で確認可能です。

近距離以上の夜間の映像を
見やすくするには光源を増やすなど
明るさを確保する工夫が必要になります。

⇒ELP 720p HDをもっと詳しく見る

パソコンまでの配線は必要ですが
接続はとても簡単なのでおすすめです。

まとめ

今回は駐車場の防犯カメラの
設置について取付工事の費用や
自分でつける方法を紹介しました。

駐車場の防犯カメラの設置については

  • 防犯カメラの設置は自分でも可能
  • 自分で取り付ける方法
  • 業者に依頼する費用
  • 駐車場の防犯カメラのメリット
  • おすすめ商品の特徴
  • おすすめ防犯カメラ3選

と紹介させていただきました。

駐車場の防犯カメラには
赤外線LEDが搭載された商品が多いですが
夜間などの画質を上げるには
センサー付きライトとの併用もおすすめです。

こちらの記事では
駐車場のライトのセンサーについて
設置の必要性やおすすめ商品を
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒駐車場のライトのセンサー!設置の必要性やおすすめ商品も紹介

防犯カメラとセンサー付きライトで
駐車場の防犯対策は
より効果を発揮してくれますね。

駐車場
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント