駐車場のレイアウトは斜めおすすめ?理由やメリット・注意点は?

敷地が細長かったり
駐車場に使える間口が狭い場合には
通常の駐車スペースを確保するのが
難しい状況になります。

しかし、来客や将来の事も考えると
駐車スペースは出来るだけ広く
使い勝手のいい大きさを確保したいですよね?

そこで今回は、
駐車場のレイアウトにおすすめの
斜め駐車についてのメリットや
注意点を紹介します。

ぜひ参考にしてください。


駐車場のレイアウトは斜めがおすすめって本当?

駐車場のレイアウトは道路に対して
十分な間口が取れる場合には
真っ直ぐ駐車した方が使い勝手がいいです。

しかし、細長い敷地やスペースを
駐車場にしたい場合には間口の確保が
難しくなります。

その場合には駐車場のレイアウトを
斜めにすることがおすすめで
道路と平行に駐車する場合と比べて
間口を約1.5m程度、節約することができます。

駐車場に使えるスペースが狭くても
レイアウト次第で使いやすい駐車計画も
設計する事ができます。

駐車場のレイアウトを斜めにする理由とは?

駐車場のレイアウトを斜めにする理由は
駐車スペースの節約と敷地の有効活用です。

間口が狭い場合でも奥行きがある敷地では
斜めにする事で駐車スペースを確保できます。

具体的に言うと
4台の駐車スペースが欲しい場合には
間口が10m必要になります。

しかし、斜めのレイアウトを採用する事で
約8.5m程度の間口で
4台の駐車をする事も可能になります。

奥行きが通常の駐車計画よりも
必要になるなどの条件はありますが
計画段階で斜めのレイアウトを
検討してみる価値はあります。

駐車場のレイアウトを斜めにするメリットとは?

駐車場のレイアウトを斜めにする計画は
駐車台数によってはメリットになります。

予定している駐車台数が
3台よりも少ない場合には
斜めにするメリットはありません。

道路と直角に駐車する一般的な計画の方が
間口を抑えることができるからです。

たくさんの駐車スペースを
計画する場合に有効なレイアウトになります。

駐車場のレイアウトで寸法はどうやって決める?

駐車場のレイアウトを斜めにする場合の寸法は
実際の車を止めてみるのが1番ですが
計画段階では難しい事もあります。

一般的に乗用車の駐車スペースに
必要な寸法は幅2.5m×奥行き5m程度です。

道路に対して
45度斜めのレイアウトの場合には
幅4.5m×奥行き5.5m程度が
必要な駐車寸法になります。

それとは別に車の通行スペースとして
幅3.5m程度は確保する必要があります。

駐車場のレイアウトをシュミレーションするソフトがある?

駐車場のレイアウトを
シミュレーションするソフトは

一般的にCADを使って行うことが出来ます。

駐車場のサイズや駐車台数の計画をする際には
CADを使う事でどれくらいの駐車スペースが
必要なのかを計画段階から
把握することが可能になります。

その他にも
実際に車をコンピューター上で動かして
シミュレートする本格的なソフトもあります。

駐車場のレイアウトのシュミレーションソフトは無料?

駐車場のレイアウトを
シミュレーションするソフトには
無料のソフトもあります。

CADには2Dと3Dがありますが
視覚的にわかりやすいのは3DCADです。

しかし、
3DCADは使いこなすまでに
かなりの時間がかかってしまうので

専門のオペレーターに依頼した方が
正確なイメージを3D化することができます。

駐車場のレイアウトを斜めにする!業者に依頼する費用は?

駐車場のレイアウトを斜めにする工事を
業者に依頼する場合には
現在の駐車場の状況によって
費用は大きく変わってしまいます。

アスファルトが敷かれている駐車場の場合には
ラインを引き直すだけでもレイアウトを
斜めにすることが可能ですが

目地の入ったコンクリート仕上げの場合には
難しくなってしまいます。

業者に依頼する事で
想像しづらい斜めのレイアウトを
シミュレーションソフトでわかりやすく
視覚化してもらうことは出来ます。

まずは相談をしてみてわかりやすい図面を元に
説明してもらうのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は駐車場のレイアウトを斜めにする理由や
メリット、注意点を紹介しました。

駐車場のレイアウトは

  • レイアウトは斜めがおすすめ?
  • 斜めの駐車場にする理由
  • 斜めのレイアウトのメリット
  • 斜めレイアウトの寸法
  • 駐車場のシミュレーションソフト
  • シミュレーションソフトは無料?
  • 業者に依頼するポイント

と紹介させていただきました。

駐車場のレイアウトを斜めにするのは
敷地や駐車スペースの状況によっては
大きなメリットになります。

しかし、
駐車台数や奥行きの有無によっては
斜めよりも直角に駐車した方がいい場合や
斜めにするためのスペースがない場合には
注意が必要です。

駐車場は毎日必ず使う場所なので
ちょっとした使いづらさや不満が
たまってしまいます。

業者に依頼する事で計画段階から
しっかりと頭の中で
シミュレートすることをお勧めします。

駐車場のレイアウトを斜めにする工事は
それなりの費用が必要になります。

相場を把握するためにも
複数の業者に斜めレイアウトの
見積もりをお願いした方が賢明です。

複数の見積もりを比較することで
適正な価格を把握する事もできますし
斜めのレイアウトのイメージも
しっかり想像できるようになります。

リショップナビでは最大で5社の
リフォーム会社を紹介してくるので
ぜひ参考にしてください。

⇒リショップナビで駐車場の斜めのレイアウトを相談してみる

駐車場を斜めにレイアウトするのは
旗竿の敷地でも有効な方法です。

入り口の間口は狭くても
奥に広いスペースがある場合には
積極的に検討してみてはいかがでしょうか?

駐車場
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント