窓のサイズの規格は?知っておきたい一般的な大きさや測り方

窓のサイズはどのメーカーでも
同じ規格で統一されています。

ハウスメーカーや工務店によって
標準仕様の窓のサイズは異なりますが
一般的なサイズはほとんど変わりません。

しかし、
窓のサイズの規格を知っておくことで
外観のデザインや
目的に合わせた窓を選ぶ事ができます。

装飾窓を配置する事で
デザイン性を上げる事もできますよ。

そこで今回は、
窓のサイズの規格と一般的な大きさや
現在使っている窓のサイズの測り方を
合わせて紹介します。

ぜひ参考にしてください。


窓のサイズの一般機的なサイズはどれくらい?

窓のサイズの一般的な大きさは
掃き出し窓であれば16520という規格で
幅が165cm高さが200cmになります。

天井高のあるリビングなどでは
高さが220cmや天窓がついたタイプも
採用される事があります。

幅は165cmが一般的ですが
建物の入隅や和室などでは160cmや150cmに
調整されることもあります。

2階などで使われる腰窓は
16511という規格で幅は同じ165cm
高さが110cmになります。

落下の危険がある2階では
窓の下端を90cmよりも
高くすることが一般的です。

掃き出し窓の上端を揃えた方が
見た目が綺麗な事もあって
腰窓の高さは110cmが多く採用されています。

窓のサイズの失敗しない測り方とは?

窓のサイズの高さは
ある程度決まっていますが
幅に関しては5cmや10cm規格よりも
小さなサイズの窓があります。

外壁や室内の壁の納まりによって
調整されているので
しっかり測る必要があります。

窓のサイズを測る際に失敗しない方法は
窓の内側にメジャーを当てて測る事です。

窓の周りに枠が付いている場合も
クロスが巻き込んである場合でも
窓のサイズを測るには内側に
メジャーを当てる事が大事です。

窓のサイズにはどんな種類があるの?


窓のサイズには
規格で決まった寸法があります。

引き違い窓の高さは
30cmから20cm刻みで150cmまでが腰窓として
180cmから220までが
掃き出し窓として規格されています。

幅に関しては60cmの小さなものから
280cmというかなりワイドな物まであります。

建物の設計モジュールにも影響されます。

尺間なのかメーターなのかによっても採用される
窓のサイズが変わるので注意が必要です。

窓のサイズと同様に
窓の種類も豊富に販売されています。

こちらの記事では
窓の目隠しルーバーについて
後付けにかかる費用や相場を解説しているので
ぜひ参考にしてください。

⇒窓の目隠しルーバーの後付けは可能?取り付け費用の相場を解説

目隠しルーバーも窓の規格に沿った
ラインナップがあるので後付けでも
綺麗に納めることができますよ。

窓のサイズの種類によって費用は違う?

窓のサイズの種類は
細かく分類されていますが
実際に設計する場合には
費用も注意が必要です。

一般的な掃き出し窓の16520サイズで
メーカーの定価は10万円程度ですが
大きくしたり小さくするたびに
数千円程度ですが定価も変わります。

ただし、
メーカーの定価で数千円程度の差なので
実際に払う費用は
そこまで大きく変わることはありめせん。

さらに施工の納まりの都合上、
幅を調整する場合には費用は変わりません。

窓のサイズ変更にかかる費用は見積もりを確認!

現在の窓からもっと大きな窓に
サイズ変更したい場合などには
見積もりを確認する事が大事になります。

同じサイズの窓であれば
簡単に取り替えることも出来ますが
サイズ変更の場合にはそうはいきません。

外壁や室内の壁の納まりにも影響するので
現在の状況を踏まえた上で
計画する事が必要になります。

窓を大きくする場合に注意したいのは
サイズ変更に伴って邪魔になる柱や壁が
取り払ってもいい壁なのかを
検討する必要があることです。

中には、構造上重要な柱や耐力壁もあるので
設計士の判断が必要になります。

窓のサイズ変更は
外壁や内装も絡んでくる工事なので複数の
業者に見積もりを依頼することをお勧めします。

リノコでは最大で5社から
見積もりを取る事ができるので
ぜひ参考にしてください。

⇒リノコで窓のサイズ変更の見積もりをお願いしてみる

窓のサイズ変更は費用はかかりますが
明るい日差しを取り入れたり
風通しのいい部屋に変身できますよ。

窓のサイズ変更のリフォームの業者選びはどうする?

窓のサイズ変更を依頼する業者は
構造や納まりに詳しい業者を
選ぶ必要があります。

外壁も内装も絡んでくる工事なので
さまざまな構造の建物に
精通していることが大事です。

建物にあった雨仕舞いや補強を
しっかりと見積もり段階で
提案してくれる業者を探しましょう。

まとめ

今回は窓のサイズの規格について
一般的な大きさや測り方のコツも
合わせて紹介しました。

窓のサイズの規格について”

  • 窓の一般的なサイズ
  • 失敗しない測り方のコツ
  • 窓のサイズの種類
  • サイズの種類で費用は変わる
  • 窓のサイズ変更は見積もりを確認
  • 業者選びのポイント

を紹介させて頂きました。

窓の大きさや形はデザインの面でも大事ですが
設置する高さも計画する上で重要になります。

こちらの記事では
窓の一般的な設置高さを紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒窓の高さの標準はどれくらい?一般的な設置の位置について解説

窓を設置する高さは室内からの使い勝手と
外観のデザインのバランスの両方に影響する
大事な要因です。

大きさや形に合わせた細かな設計が
使い勝手と見栄えを良くする
重要ポイントになりますね。

Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント