水回りのリフォームの時期とは?新しくする最適なタイミングを解説!

水回りのリフォームを
行うタイミングを見極めるのは
とても難しいです。

しかしお家にとってリフォームを
どの時期に行うかはとても重要です。

水回りのリフォームの時期について

  • 早すぎるリフォームでは出費がかさむ
  • 遅すぎると重大な劣化につながる

ということになってしまいます。

予算に余裕がある場合には
早いタイミングでのリフォームでも
問題はありません。

しかし、タイミングが遅れてしまうと
水漏れなどの重大な劣化に
繋がってしまうことがあります。

そこで今回は、水回りのリフォームについて
水回りを新しくする最適な
タイミングを解説しますので
ぜひ参考にしてくださいね。


水回りのリフォームを行うのに3つの最適な時期とは?

水回りのリフォームをする
タイミングはとても難しですが
最適な時期を知らせてくれる
サインもいくつかあります。

リフォームに最適な時期を教えてくれる
3つのサインを紹介します。

日々の生活や掃除の中で
気になることがある場合には
ぜひチェックしてみてくださいね。

特にキッチンは水回りの中でも
頻繁に水やお湯の出したり止めたりを
繰り返す場所です。

キッチンの水栓周りや配管は
劣化も早くなりがちなので注意したいですね。

キッチンのリフォームにかかる費用の
相場を把握する上でも複数の業者に
見積もりを依頼できるリノコはおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

⇒リノコでキッチンリフォームを相談してみる

使用中のキッチンの状況を相談することで
リフォーム以外にも交換や修理の
相談にも乗ってくれますよ。

こちらの動画では水回りの劇的な
変身リフォームを紹介しているので
ぜひ参考にしてください。

最新アイテムへのリフォームは
費用もかかりますが憧れますよね。

1.水回り箇所の劣化が目立つ

水回り箇所の劣化が目立つ場合には
すでにリフォームのタイミングでもあります。

目に見えて劣化している部分の
交換や修理で対応することもできますが
同じ期間使用してきた目に見えない部分も
劣化している可能性が十分あります。

劣化が目立って来たら
水回りを新しくする時期に近づいていますね。

2.水回りの箇所の修理する頻度が多い

水回りの箇所には修理をすることで
まだまだ現役で使い続けることが
可能になる部分も多々あります。

水回りの箇所で定期期な修理が
必要になる場所としては
水栓や配管周りのパッキンがあります。

10年を目安に交換することで
パッキンの劣化による水漏れを
前もって防ぐことができます。

しかし、パッキンを替えても
じわじわと水漏れをしてしまう
場合にはリフォームのタイミングになります。

3.使用年数が10~20年

使用年数が10年を越えてくると
パッキンの交換や水栓の修理など
様々な部分に劣化が目立ってきます。

定期的なメンテナンスなどで
10年以上使い続けることも可能です。

しかし、20年近く使用していると
水回りの到るところに劣化が
目立って修理や交換では
メンテナンスしきれなくなります。

水回りのリフォームのタイミングとしては
10年から20年の間が最適な時期
ということになりますね。

水回りのリフォームを検討した方がいい3つの現象

水回りのリフォームは劣化が目立ってきたり
10年を越えた頃から検討することが
水漏れを起こさないためにもおすすめです。

しかし劣化する症状は様々で
なかなか判断するのも難しいことがあります。

水回りのリフォームを検討したほうがいい
3つの現象を紹介しますので
ぜひ参考にしてくださいね。

1.腐敗が進んでいる

腐敗が進んでいると言うと
簡単に判断できそうな気がしますが
実は目に見えない部分の腐敗
進み具合を知ることが大事になります。

トイレやキッチンの素材は
陶器や人造大理石などが一般的で
腐敗することもほとんどありません。

しかしお風呂や洗面台は
注意が必要になります。

お風呂や洗面台もユニットバスだったり
陶器の洗面台などで心配無いと
思われがちですが
問題はお風呂や洗面台の周りの構造体です。

洗面所からお風呂への入り口や
洗面台の横の壁などは
目に見えない部分で
腐敗が進んでいることがあります。

お風呂の湿気を常に受けていることや
洗面台の使用による水はねなどで
お家の構造体に悪い
影響が出てしまうことがあります。

2.油汚れやカビが取れない

水回りの汚れは油汚れやカビが多く
今では重曹やクエン酸などを使った
掃除方法が流行りになっています。

しかし、定期的な掃除をしても
なかなか油汚れやカビが取れない場合には
注意が必要になります。

掃除をしてもきれいにならない場合も
水回りのリフォームを検討する現象です。

どれだけ掃除をしてもきれいにならないのは
水回りの箇所の素材自体が劣化していることが
原因になっているからです。

表面をきれいにしようとしても
素材の劣化までは修復できないので
リフォームを検討したほうがいいですね。

3.水漏れや詰まりが直らない

水回りで1番困るのは
お家の構造体にも悪影響を与える
水漏れや配管の詰まりです。

パッキンの交換や配管の修理をしても
直らない場合には注意が必要です。

水漏れしている箇所が確認できていれば
まだいいですがどこで水漏れしているか
わからないのは困りものです。

水漏れは水回りのリフォームを
検討したほうがいい現象の一つですが
できることなら水漏れする前に
リフォームをしておきたいですね。

水回りのリフォームにかかる費用はどのくらい?

水回りのリフォームは交換や
劣化のタイミングも重なってくるので
かなりの費用が必要になります。

お風呂、キッチン、トイレ、洗面台と
水回りのすべてを一度に
リフォームするのにかかる費用は
約250万円程度~になります。

水回りの設備のグレードや仕様によって
金額は大きく変わるのでさらに
費用がかかってしまうことも普通です。

また水回りのリフォームに伴って
洗面所の改装やキッチンとの関係で
リビングにも改装が必要になることもあります。

そうなると費用は見積もりを正確
してもらわない限り出すことも難しくなります。

しかし、水回りのリフォームに
かかる費用は工事を依頼する業者によっても
大きく変わってしまうので注意が必要です。

こちらの記事では水回りの
リフォームにかかる費用について
料金の相場を紹介していますので
ぜひ参考にしてくださいね

⇒水回りのリフォームの費用はいくら?改築に必要な料金の相場を紹介!

トイレひとつとっても
グレードや機能によって
大きく費用は変わってしまいます。

設備のグレードや仕様を落とすこと無く
費用を抑ええるには複数の業者に
見積もりをお願いすることが大事です。

リノコでは最大で5社から
同時にも見積もりを取ることができますので
ぜひ参考にしてくださいね。

⇒リノコでトイレのリフォームをお願いしてみる

同じ工事内容の見積もりを
複数比較することで工事にかかる
費用の相場を把握することができます。

見積もりが高すぎたり
逆に安すぎる業者には注意したいですね。

まとめ

今回は水回りのリフォームの時期について
新しくする最適なタイミングを解説しました。

水回りのリフォームの時期について

  • リフォームに最適な3つの時期
  • リフォームを検討する3つの現象
  • 水回りのリフォームにかかる費用

と紹介させて頂きました。

水回りのリフォームは費用が
大きくかかってしまうこともあるので
複数の業者に見積もりを取ることが大事です。

さらに水回りのリフォームを
まとめて行うことでも
費用を抑える工夫になります。

一度に支払う金額は大きくなってしまいますが
総額を抑えることにもつながるので
是非検討してみてくださいね。

未分類
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント