水回りのリフォームが格安!費用を抑えたい人におすすめの業者TOP5

水回りのリフォームの
費用を抑えることは
誰もが望んでいることです。

しかし費用が安いというだけで
業者を選んでしまうと

  • 思ったとおりの仕上がりにならない
  • 追加工事などの費用が上がる

といったトラブルにも
繋がりかねません。

しかし水回りのリフォームを
格安で行ってくれる
優良施工点は見つけにくいですよね?

そこで今回は水回りのリフォームを
格安で行ってくれるおすすめ
業者を紹介します。

水回りのリフォームの費用を
抑えながら、工事の仕上がりにも
妥協したくない方は
ぜひ参考にしてくださいね。


水回りのリフォームを格安で行ってくれる業者5選を紹介!

水回りのリフォームの費用は
工事を依頼する業者によって
大きく変わってしまいます。

水回りのリフォームを
格安の費用で行ってくれる業者
5つ紹介しますので
ぜひ参考にしてくださいね。

1水回りリフォーム館

出典 http://mizumawari-reformkan.com/

水回りリフォーム館の施工可能エリアは
日本全国になります。

全国の精鋭工務店の協力で
一流メーカーの商品を格安
リフォームに使用することができますよ。

メーカーの保証に準じた新品保証が
5年間費用に組み込まれているのも
嬉しいサービスですよね。

⇒水回りリフォーム館の公式サイトはこちら

水回りのリフォームで
人気のリクシルやTOTOなど
大手メーカーの商品が格安で
手に入りますよ。

2オネストライン

出典 https://www.honest-line.com/

オネストラインの施工可能エリアは
主に関東圏になります。

リクシルのリフォームコンテストに於いて
神奈川県で1位を受賞するなど
大手メーカーの設備品を使用した
リフォームの実績もあります。

お風呂やキッチンのリフォームに対する
保証期間は10年と長く安心です。

さらに洗面化粧台などの
小規模リフォームに関しても
5年の保証が付くのも嬉しいですね。

⇒オネストラインの公式サイトはこちら

関東近郊の方は相見積もりの
業者候補に入れておきたいですね。

3トリカエ隊

出典 https://www.torikae-kansai.com/

トリカエ隊の施工可能エリアは
主に関西圏になります。

設備品の商品の配送は
全国に対応しているので
設備品だけの購入も可能です。

保証は基本的にメーカー保証だけなのが
少し不安ですが有料で5年から10年の
保証をつけることも可能です。

⇒トリカエ隊の公式サイトはこちら

水回りのリフォームの工事を
土日や祝日にも対応してくれるので
平日は仕事の方にも嬉しいですね。

4生活堂

出典 https://www.seikatsu-do.com/

生活堂の施工可能エリアは
関東から関西までと幅広い範囲に
対応しています。

楽天やヤフーなどで
ベストストアを受賞している
優良施工店になります。

保証は3年保証とメーカー保証よりは
長くフォローしてもらえますよ。

⇒生活堂の公式サイトはこちら

工事完了後のアンケートによる
満足度はなんと94%です。

格安の費用だけでなく
アフターフォローなども
満足度には重要な要素ですね。

5ヤマキシの水まわり市場

出典 https://yamakishi-reform.jp/

ヤマキシの水まわり市場の
施工可能エリアは石川県と福井県と
かなり絞られています。

しかし各店舗から30分以内の
施工エリアに絞ることで
地域密着の質の高い工事
提供していますね。

保証は工事自体の保証に5年と
設備品などのメーカー保証を
水回りパックなどは10年がついています。

⇒ヤマキシの水まわり市場の公式サイトはこちら

施工範囲を絞ることで
質の高い工事を格安で行ってくれる
優良施工店ですね。

30分以内なら水回りのトラブルが
起こっても安心できますよね。

水回りのリフォームを格安で行うには
セルリフォームが1番費用を抑えられますよ。

【DIY】20万で部屋丸ごとセルフリフォーム!和室を洋室に劇的ビフォーアフター!

リフォームにかかる費用は抑えられますが
工事をする時間や道具などを
考えるとそこまで安くなるかは
わかりませんね。

水回りのリフォームの費用を抑える方法はあるの?


水回りのリフォームで費用を
抑える方法はあります。

水回りのリフォームで予定している
設備品のグレードを下げることでも
リフォームの費用を大きく
下げることに繋がりますよ。

しかしリフォーム後に
後悔してしまわない程度の
妥協に抑えておく必要もあります。

大きな金額の節約にはなりませんが
費用を抑える方法のひとつに
水回りの設備品に付属されている
オプションをやめることがあります。

お風呂のリフォームでは
一般的に壁のアクセントパネルや
保温浴槽など機能的なオプションが
始めから含まれた金額になっています。

アクセントパネルを取りやめて
お風呂全体を一色の壁パネル
することでも費用を抑えられます。

浴槽のグレード下げることでも
費用を抑えることはできますが
あまりおすすめの方法ではありません。

せっかく新しいお風呂に
費用を掛けてリフォームをしたのに
お風呂のお湯がすぐに冷めてしまっては
困りますよね。

浴槽以外にも付属品として
鏡やシャンプーなどを置くラック
さらには洗面器を置くカウンターが
標準装備としてついています。

あまり知られていませんが
鏡やラック、カウンターも
取り付けるかやめるかを
選ぶことができますよ。

特にお風呂の中の鏡やラック
カウンターはあれば便利に思えますが
その分掃除も大変なアイテムです。

費用を抑えながら掃除まで
楽になってしまうので
使用しない方にはおすすめの方法です。

お風呂以外のキッチンやトイレ
洗面台に関しても標準装備として
付属しているオプションを
見直すことが大事になりますよ。

最後に水回りのリフォームの
費用を抑える方法として
複数の業者に同時に見積もりを
依頼することも大事です。

同じお家の同じ設備品を
使用した水回りのリフォームでも
業者によって費用は大きく変わります。

まったくお同じお風呂を
選んだとしても業者によって
メーカーからの卸値や工事費用には
差が出てしまうので注意が必要です。

複数の業者に見積もりを
同時にお願いすることで
工事にかかる費用の相場
把握することが可能になります。

見積もりを比較検討することで
費用が高すぎる業者や
逆に安すぎて不安な業者も
選別することができますよ。

リノコでは最大で5社から
同時に見積もりを取ることが
できますのでぜひ参考にしてくださいね。

⇒リノコでキッチンのリフォームをお願いしてみる

業者によって得意なメーカーなどの
違いによって費用が変わることがあるので
何社か見積もりを取って比較したいですね。

まとめ

今回は水回りのリフォームの
費用を抑える方法について紹介しました。

水回りのリフォームの格安業者について

  • 費用が格安でおすすめの業者
  • 費用を抑える方法

と紹介させて頂きました。

水回りのリフォームは
戸建住宅以外でも定期的に
必要になる工事のひとつです。

こちらの記事では水回りのリフォームを
マンションでする場合について
知っておくべき注意点を紹介していますので
ぜひ参考にしてくださいね。

⇒お風呂のリフォームはマンションでも可能?賃貸で行う際の注意点

マンションの水回りのリフォームは
近隣への配慮や搬入経路など
戸建住宅とは違った問題も
発生するので注意が必要ですね。

未分類
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント