玄関のポーチの階段の段差について!高さや注意点などを徹底解説

玄関のポーチには取り付けるものによって
かなり使い勝手が変わってきます。

それは、屋根だったり目隠しだったり、
階段だったり・・・

なかでもポーチを作る際に一緒に設置するのが
階段ではないでしょうか?

この階段を設置する際に考えることが
「階段の段差」についてですよね?

玄関のポーチの階段の段差を考える際に
知っておくべき注意点などがあります。

また、玄関のポーチの階段の高さが
どのくらいがベストなのかも
知っておきたいですよね?

階段の高さによって昇りやすさなどが
変わってきますので、
無視できない内容だと思います。

そこで今回の記事では、
「玄関のポーチの階段の段差について」
解説していきたいと思います( ;∀;)


玄関のポーチの階段の段差で最適な高さとは?

玄関のポーチの階段の最適な高さとは
どのくらいがベストなのでしょうか?

自分の基準ではよく分からないという人が
多いのでは?

下記の項目では玄関のポーチの階段の
具体的な高さについて解説をするので
参考に読んでみてくださいね。

1.30cm

玄関のポーチの階段の高さですが、
ざっくりとしたイメージで
30cm以下と考える人もいるようですが・・・

実は階段の段差を30cmにすると、
かなり高くなって昇りづらいと思います。

お年寄りや小さい子供などは昇るのに
一苦労ではないでしょうか?

残念ながら、ベストな階段の高さは
約15cm前後と言われています。

ただし、玄関の高さに合わせて
階段の高さを高めにしたいならば
この30cm前後が最適でしょう。

2.50cm

続いては、玄関のポーチの階段の高さを
50cmに設定した場合です。

この高さだと1段、1段が
相当高い階段になってしまいます。

上記の内容にもありましたが、
稀に玄関を高く設定している
一戸建ての家だとしても50cmの階段は
高いと思います。

ですから、ポーチの階段の高さを考えるなら
高くても30cm未満が適当ではないでしょうか。

3.80cm

玄関のポーチの階段の高さが80cmにすると、
さすがに高すぎですね・・・。

玄関のポーチの階段の作りで
失敗した人の多くは、この高さの設定に
ミスがあった場合です!

この高さだと昇る場合もそうですが、
降りる場合も大変なはずです。

まずいないとは思いますが80cmだと
昇りづらいうえに、降りづらいので
気を付けてくださいね( ゚Д゚)

玄関のポーチの階段の段差についての注意点とは?

玄関のポーチの階段の高さについて
上記では解説してきましたが・・・

玄関のポーチに階段を設置するときに
気を付けて欲しい注意点が4つあります。

分かっているようで意外と見落としがちな
部分でもあるので、知っておいてくださいね!

1.イメージ

玄関のポーチの階段を設置する際に
誰もがどのような階段にするか
イメージを持っているでしょう。

ほとんどの人がポーチに階段を設置することが
初めてだと思いますので、漠然なイメージしか
浮かばないでしょう。

ですが、失敗をできるだけ避けるためにも
可能な限り具合的なイメージを持っていた方が
業者さんに注文をつけやすいですし、

思い描いた通りの階段ができやすいので
失敗する可能性も少ないはずです!

2.奥行き感

ポーチの階段を設置するには
高さも考える必要がありますが、
奥行きも考慮しなければいけません。

奥行きがどれだけあるないかで
昇りやすさもだいぶ変わってきますから
奥行き感もどれくらい必要か考えましょう。

この奥行きの考慮を忘れて失敗してしまう
ケースもあるようなので、注意が必要です。

3.死角

ポーチの階段を設置する際に
気を付けることの1つに死角があります。

どういうことかというと、
階段から死角になっているところに
凹みやデッパリがあるなど・・・

後々になって見えないところに
そのような見落としがあることも
あるようです。

階段から死角になっているために
自分では気付かなかったということも
あるので注意してくださいね!

4.素材選び

ポーチの階段を設置するための費用に
一番影響するのが、この素材選びです。

玄関のポーチの素材を何にするかによって
費用が大きく変わってきますので注意が
必要です(+o+)

お金に余裕があるならば、
どんな素材を選んでもいいと思いますが

もし費用をできるだけ抑えたいのであれば
この素材選びは慎重に行った方がいいです。

玄関のポーチの階段の導入にかかる値段はいくら?

玄関のポーチに階段を導入するのに
必要な料金の相場については、
約20~30万前後となるでしょう。

素材や階段の長さによっては
それ以上かかることもあります。

ポーチに階段を導入するつもりで
もっと現実的な費用が知りたい方は

下記のネットサービスで
見積もりの依頼を行ってみるといです☆

⇒リフォームの「リノコ」で見積もりを依頼する

簡単な情報入力だけで見積もりが
依頼できる他にもリフォームの予算に見合った
業者を探してくれるので余計な手間が
一切ありません。

ここまで手厚いサポートが利用額0円で
活用できるから利用しない理由はない!

1日に利用できる上限人数が決まっているので、
早速見積もりを依頼しよう!

また、下記の動画は玄関のポーチでは
ありませんが階段を工事している動画を
見つけてきました。

階段の設置と似通っているところがあるので
工事のイメージを掴んでみてください♪

まとめ

いかがでしたか?

玄関ポーチの階段の高さ1つにしても
長く使う物ですから、やはり昇りやすい
階段に仕上げたいですよね?

まとまったお金を支払うので失敗せずに
納得のいく階段を作ってくださいね。

また、玄関のポーチのリフォームを
自分で行いたいと思っている人もいるのでは
ありませんか?

DIYの方が業者に依頼するよりも
費用は安く済むというのは想像できると
思います。

⇒玄関のポーチのリフォームの費用はどのくらい?DIYとの相場を比較

ですが、実際にはどのくらい費用に差が出るか
分からないですよね?

上記の記事ではDIYと業者に依頼するのとでは
どのくらい費用に差が出るか調べてみたので
参考にしてみてはいかがでしょう(#^.^#)

玄関
Sponsored Links




 

小嶋綾那をフォローする
リフォーム革命

コメント