玄関の表札の位置はどこがいい?設置のポイントや注意点を紹介!

玄関の表札の位置って来客に対する
親切心が分かります!

住宅街や家が密集している場所には
表札の取り付け位置によって、

始めて家を訪れる人はスムーズに
その家を見つけることができますよね?

逆に玄関の表札が分かりづらい場所だと
なかなかその家にたどり着けない・・・
ということも珍しくありません。

ですから、玄関の表札の位置は
分かりやすい位置にした方が
親切だと思います。

とはいえ、どのような位置が
最適なのか分からないという人も
いるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では玄関の
表札の取り付ける位置について
解説をしてこうと思います(*^^*)

どこが最適な位置なのか迷っている
人には役に立つ記事なっていると
思います☆


玄関の表札を取り付ける位置はどこがいい?

玄関の表札を取り付ける位置は
どこがいいのか迷う人もいるかと
思います。

自分のなかでは分かりやすい位置だと
思っていても、訪問者にとっては
分かりづらい場所になっていると
感じるパターンもあります。

玄関の表札を取り付ける際には
自分が初めて自分の家に来たときに
分かりやすいかどうか?で決めると
いいと思います。

自分で取り付ける際は自分の家なので
あまり訪問者の目線で表札の位置を
考える人が少ないようです。

ですから、玄関の表札を取り付けるなら
来客の目線になって考えてみるといい
でしょう。

また、位置を決めるときは
「誰が見ても分かりやすい場所」を
意識して考えてみてくださいね!

玄関の表札の取り付けは高さを考えるべき?

玄関の表札の位置を決める際は
取り付ける高さも同時に考える
必要がありますね。

表札を見上げないと見えないくらいの
高さだと、かなり分かりづらいですよね?

そもそも、そんな高い場所に表札が
あると思わない人もいるので気付かない
パターンもあります(+o+)

ですから、表札の高さはできるだけ
目線くらいか、それより少し上にある
くらいがベストでしょう。

そのときの目線の合わせ方は
自分の判断基準に任せてOKです♪

玄関の表札の取り付けにかかる費用はどのくらい?

玄関の表札の取り付けをする際に
かかる費用がいくらになるのかも
気になりますよね?

表札は自分で取り付けることも
できるかもしれませんが、

仕上がり具合などを考えると
業者に依頼して取り付けを行って
もらった方がいいですよね?

そうなった場合の費用の相場ですが、
一般的な相場は約1万~4万円前後に
なってくるでしょう。

また、表札の取り付けに限った
ことではありませんが・・・

家のリフォームなどの工事に関する
費用の相場を調べることができる
ネットサービスがあるのです。

自分の好きなタイミングで時間を
気にせずに見積もりの依頼を行うことが
できるので非常におすすめです☆

⇒リフォームの「リノコ」で詳細を確認する

費用の見積もりを依頼できるのは
他のネットサービスでも行って
いますが・・・

自分の予算に見合う業者のマッチングまで
行ってくれので、自分の手間をほぼ掛けず
工事の依頼をすることができます☆

ここまで親切なサービスはなかなか
ありませんし、利用にかかる費用も
0円なので利用してみては?

玄関の表札の付け方はどうすればいい?

玄関の表札を自分で取り付けると
するならば、どのように取り付けを
行えばいいのでしょうか?

取り付けは取れてしまわなければ
いいわけですから、なんだっていい
わけですね。

表札の付け方としては両面テープや
接着剤を併用して取り付けることが
一般的なようです。

表札は接着剤を使用すれば簡単に
落ちてしまうこともないと思うので
実践してみてくださいね!

また、下記の動画は表札の取い付けの
様子を撮影した映像なので、

自分で取り付けを行うつもりの人は
参考になるかもしれません!

自分で取り付けを行うとその分の
費用を抑えることができるので、

できるなら自分で取り付けを
行う方がコスト的にはお得になります!

玄関の表札のシールがあるって本当なの?

玄関の表札にはそれ専用のシールが
あるようなので、自分の苗字を選べば
それをただ貼り付けるだけで完了です!

表札にそこまで費用をかけたくないので
あれば、ネットショップなどで表札の
シールがかなり安く販売されています。

佐藤、斎藤、高橋などたくさんいる
苗字ならば見つかりやすいかもですが

珍しい苗字の場合は見つからない
可能性があります。

玄関の表札にはカバーを付けた方がいい?

玄関の表札にカバーをつけると、
表札を雨などから守ってくれます。

表札も長く使っていると、
汚れが落ち無くなったりサビたり
することがあるようです。

むき出しにしているよりかは
カバーをつけている方が良い状態を
保ちやすいようなので・・・

できるだけ長く綺麗な状態を
保ちたい場合はおすすめかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は表札の取り付けの位置について
具体的に解説を行ってきました。

また、自分で表札を取り付ける場合の
方法についても簡単ではありますが
紹介をしたので、動画なども参考に
しながら役立ててもらえると嬉しいです。

今回は玄関の外側に関する内容ですが、
室内の玄関にはほぼ設置されている
ものがありますよね?

この設置場所やサイズの決め方で
玄関を快適に使えるかどうかも
決まるので重要です。

⇒玄関の下駄箱の位置について!設置場所とサイズの決め方を解説

玄関を快適に使うための1つの方法
ですから、下駄箱の位置やサイズを
見直したい人、

これから玄関に新しい下駄箱を設置する
人は併せて読んでみてくださいね(#^.^#)

玄関
Sponsored Links




 

小嶋綾那をフォローする
リフォーム革命

コメント