お風呂の暖房の後付け!取り付けに必要な費用相場について解説

お風呂の暖房の後付けをすることで
毎日のお風呂の時間を
快適に過ごすことができます。

しかし、お風呂に暖房を後付けするには

  • 取り付けにかかる費用がわからない
  • 電気代が高そう

という不安や心配な点もありますよね?

お風呂の暖房も付けていないことで
ヒートショックなどの重大な事故にも
繋がってしまうこともあります。

そこで今回は、お風呂の暖房の
後付けについて取り付けに必要な
費用の相場と一月にかかる電気代も
合わせて紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。


お風呂の暖房の後付けの値段は?3つのタイプ別で紹介


お風呂の暖房を後付けするのに
かかる費用は暖房のタイプによって
値段に大きな違いが出てしまいます。

お風呂の暖房の3つのタイプ別で
費用を紹介しますので
ぜひ参考にしてください。

1.天井埋め込みタイプ

天井埋込みタイプは新築などと
同じスッキリとした
仕上がりの暖房タイプです。

現在使っているお風呂の
換気扇の種類や大きさによって

天井の開口工事や補強工事など
さまざまな費用が発生してしまう
可能性があるので費用は
比較的高くなってしまいます。

天井埋込みタイプの暖房を
お風呂に後付けするのにかかる費用は
約150,000円程度~になります。

後付けする暖房の機能を
どこまで増やすかによって
費用は大きく変わってしまうので
機器自体の選択も重要な要素になります。

2.天井付けタイプ

天井付けタイプは現在の換気扇を
暖房器具に交換するタイプの暖房です。

換気扇の上から
かぶせて取り付けることもあります。

天井付けタイプの暖房を
後付けするのにかかる費用は
約60,000円程度~になります。

既存の換気扇部分を使用するので
大掛かりな工事も必要ないので
工事後すぐに使用することも可能ですよ。

3.壁掛けタイプ

お風呂の天井に空間がない場合や
壁に換気扇が取り付けられている
お風呂に暖房を後付けするには
壁掛けタイプになります。

壁掛けタイプの暖房を
お風呂に後付けするのにかかる費用は
約90,000円程度~になります。

どのタイプの暖房を取り付ける場合にも
現在お風呂についている換気扇の
役割を損なわない機器を選ぶ必要があります。

一般の方にはなかなかわかりにくいので
取り付けや交換を依頼する業者と
しっかり打ち合わせをする必要がありますね。

こちらの動画ではお風呂の暖房が
ヒートショックの予防にもおすすめな理由を
紹介してますのでぜひ参考にしてください。

ヒートショックの予防にも。バスほっとの暖房&乾燥機能

お風呂の暖房の掃除は定期的に行うべき?


お風呂の暖房の掃除は
定期的に行うべきです。

お風呂は湿気も多くカビやホコリが
溜まりやすい場所の代表です。

暖房機器のフィルターなどには
すぐにホコリが溜まったり
目には見えませんがカビ菌もついています。

掃除を怠った状態で暖房機器を使用していると
暖かな風と同時にホコリやカビも浴室に
ばらまいているとの同じになってしまいますよ。

また、暖房機器のフィルターにホコリが
溜まった状態で使用していると
本来の暖房機器の能力を発揮することが
できなこともあります。

お風呂の暖房を使うには
電気を使用するので電気代はかかっているのに
なかなか暖まらない
という残念な状況になりかねません。

お風呂の暖房の掃除は定期的に
行うことは衛生面からも金銭面からも
おすすめです。

お風呂の暖房の電気代は1月にどれくらい?


お風呂の暖房は
一度使ったらやめられないくらい
快適なお風呂の時間を提供してくれます。

しかし、気になるのは一月の電気代が
どれくらいかかるのかですよね?

お風呂の大きさや暖房機器の性能
窓の有無やサイズなどによっても
変わってしまうので一概には言えませんが

1時間あたりの電気代は約30円程度です。

お風呂の暖房を1日1時間使用した場合には
一月で約900円程度で済んでしまいます。

特に寒い時期にはヒートショックなどの
リスクもあるので一月千円程度であれば
お風呂の暖房を使用したほうが安心ですよね。

なによりお風呂の入る前に
寒い思いをしなくてすみますからね。

お風呂の暖房を使用していても
まだ浴室が寒い場合にはお風呂の窓を
チェックしてみてください。

こちらの記事ではお風呂の窓が寒い場合の
防寒性の対策について紹介していますので
ぜひ参考にしてくださいね。

⇒お風呂の窓が寒い!冷気が入り込んでくる場合の防寒性の対策は?

窓の防寒性の対策をすることで
お風呂の暖房効率も上がって
電気代の節約にも繋がりますよ。

お風呂の暖房はガス代はかかるの?


お風呂の暖房を使用した場合には
暖房機器をガスタイプにしない限り
ガス代は基本的にかかりません。

ガスタイプの暖房は
専用の熱源機を設置する工事が
余分にかかってしまうので
初期費用が高くなります。

しかし、電気タイプの暖房よりも
パワフルなのでランニングコストだけで
比べるとガスタイプの方がお得になります。

まとめ

今回はお風呂の暖房の後付けについて
取り付けに必要な費用の相場と
一月にかかる電気代も合わせて紹介しました。

お風呂の暖房の後付けについて

  • 3つのタイプ別費用を紹介
  • 暖房の掃除は定期的に行うべき
  • 一月にかかる暖房の電気代
  • ガス代がかかる暖房もある

と紹介させて頂きました。

冬場の寒い時期にはお風呂の暖房と
合わせて追い焚き機能も大活躍になりますよね。

生活リズムが違う家族がいる場合には
追い焚きも重宝されますので
ぜひ検討してみてください。

こちらの記事ではお風呂の追い焚きを
後付けするのにかかる費用について
紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

⇒お風呂の追い焚きは後付け可能?取り付けにかかる費用の相場

お風呂は1日の疲れを取る大事な空間です。

疲れて帰ってくる家族には
快適なお風呂の時間を提供して
あげたいですよね。

お風呂
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント