駐車場の門扉の種類は何がある?タイプ別で特徴や費用の相場を比較

駐車場の門扉は大事な車を守るためや
子供やペットの飛び出しを防ぐために
リフォームで設置することがあります。

門扉と言ってもさまざまなタイプが
販売されていて特徴や設置にかかる費用も
複雑でわかりにくいですよね?

そこで今回は、
駐車場の門扉をタイプ別にその特徴と
設置にかかる費用の相場と合わせて
6つの種類を紹介します。

手軽に設置できる門扉から
駐車場の印象を大きく変える物まで
幅広いラインナップがあるので
ぜひ参考にしてください。


駐車場の門扉の種類は?6つのタイプ別の費用や特徴を紹介

駐車場の門扉は大きく分けると
6つの種類があります。

それぞれの門扉をタイプ別に特徴と
設置にかかる費用を合わせて紹介します。

1.アコーディオン

出典 http://www.st-grp.co.jp/

アコーディオンタイプは伸縮門扉の総称です。

アコーディオンの様に折りたたんで
収納されるタイプで設置スペースが
少ない場合などに選択される門扉になります。

費用は商品の種類やサイズによりますが
約8万円程度〜になります。

商品による違いはレールの有無や
開閉方法などで駐車場計画に合わせた
選択が必要になります。

⇒エリアーナ2の公式ページはこちら

アコーディオンタイプの門扉は
商品のデザインにもよりますが
駐車場の門扉の中では比較的に
費用を抑えることができますよ。

2.跳ね上げ

 

出典 https://www.lixil.co.jp/

跳ね上げタイプの門扉は
両サイドに設置スペースがない場合や
間口一杯に駐車したい場合に有効な門扉です。

現場の状況にもよりますが
費用は約20万円程度〜になります。

跳ね上げた門扉が車に当たってしまわないように
車種によっては高さを注意する必要があります。

⇒ワイドオーバードアSの公式ページはこちら

デザインによっては車のナンバーを
道路から隠すこともできるので
防犯面でも有効です。

3.スライド

出典 http://www.st-grp.co.jp/

スライドはさまざまな種類がありますが
ゲートをスライドさせるタイプの門扉です。

設置にかかる費用は付帯工事も含めると
約50万円程度〜になります。

現場の状況によってもさらに
費用がかかることもあります。

スライドタイプの門扉は
車の出し入れを楽にしてくれる
左右どちらからでも開閉できる
ダブルオープンタイプがおすすめです。

片方が駐車中であっても
問題なく出し入れができるので
車に限らずバイクなどの出し入れにも
使い勝手の良い門扉です。

⇒ライアーレの公式ページはこちら

車庫前のゲートは費用はかかりますが
駐車場の高級感もアップしてくれますよ。

4.電動

出典 https://www.lixil.co.jp/

駐車場の門扉にはシャッターゲートに限らず
電動タイプが設定された商品もあります。

シャッターゲートの設置にかかる費用は
サイズやデザインによりますが
約80万円程度〜になります。

大掛かりなリフォームになるので
付随する工事も増えてしまいますし
設置予定の状況にも影響されるので
注意が必要です。

⇒ワイドシャッターSの公式ページはこちら

電動の門扉は車の出し入れが
スムーズにできるので雨の日などは
特に重宝されますよ。

5.引き戸

出典 http://www.st-grp.co.jp/

引き戸タイプの門扉には当たり前ですが
引き込むスペースが必要になります。

間口の広い敷地の場合には
使い勝手の良い門扉として人気です。

引き戸タイプの門扉の設置にかかる費用は
約30万円程度〜になります。

アコーディオンタイプと似ていますが
使い勝手の面では引き戸の方が優れています。

アコーディオンタイプは開閉の際に
くねくねとしてしまうことがありますが
その煩わしさはありません。

⇒ラグードの公式ページはこちら

引き込みスペースも含めた
使い勝手の良い空間デザインが求められますね。

6.チェーン

出典 http://www.st-grp.co.jp/

チェーンタイプは門扉とは若干異なりますが
比較的に費用を抑えることができます。

設置にかかる費用はチェーンの長さによって
変わりますが約5万円程度〜になります。

チェーンを収納できるポールや
取外しが可能なポールなど
用途に合わせたタイプを選ぶことができます。

⇒ビポールBPの公式ページはこちら

公共の場所でら使われることが多いですが
個人の駐車場でも十分使えますよ。

駐車場の門扉の設置工事にかかる費用はいくら?

駐車場の門扉の設置にかかる費用は
どのタイプでサイズはどれくらいかなど
選ぶ商品に大きく影響します。

さらに、
設置する場所の状況によっても
必要など工事の種類が変わってしまいます。

ブロックを撤去する必要があるかや
コンクリートをハツる必要があるかなど
一般の方には判断が難しい事もあります。

リフォーム会社に実際の状況を
確認してもらう事で初めて
設置にかかる費用がわかります。

しかし、
工事を依頼する業者によっても
費用に差が出てしまいます。

複数の業者から取った見積もりを
比較検討することが大事になります。

リショップナビでは最大で5社の
リフォーム会社を紹介してくれるので
ぜひ参考にしてください。

⇒リショップナビに駐車場の門扉を相談してみる

門扉の設置工事は仕上がりによって
その後の使い勝手も変わってしまいます。

毎日使う門扉なので丁寧に施工してくれる
業者に工事を依頼したいですね。

駐車場の門扉の設置の必要性とは?

駐車場の門扉は設置していない所もあります。

設置にかかる費用は高額になる事もあるので
必要性があるのかも最初にしっかりと
検討することが大事です。

通りの激しい道路に接している場合には
子供が飛び出してしまうのを防ぐ意味でも
効果がありますし、車を守る防犯の面でも
有効なアイテムです。

駐車場の印象も大きく変わるので
費用とデザイン、さらには使い勝手も
総合的に検討して計画することが大切です。

まとめ

今回は駐車場の門扉を6つのタイプ別に
その特徴と設置にかかる費用を
合わせて紹介しました。

  • 駐車場の門扉の6つのタイプ
  • 設置工事にかかる費用
  • 駐車場の門扉の必要性

駐車場に設置する門扉も
大型の商品になると道路からの
視線も遮ってくれます。

しかし、
大掛かりなリフォームは費用や
施工期間の長さなど普段の生活も
不便になってしまうことがあります。

道路や隣地の視線が気になる場合には
フェンスの目隠しをすることで
問題を解消できる場合もあります。

こちらの記事では
駐車場のフェンスを目隠しにする方法や
工事にかかる費用について紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒駐車場のフェンスの目隠し!施工の方法や工事の費用はいくら?

必要性を考えることで無駄を省き
費用を抑えながらも希望が叶えられる
駐車場のリフォームができるかもしれませんね。

駐車場
Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント