エコキュートと電気温水器の違い!使うとしたらどちらを選ぶべき?

自宅のお湯沸かし機として
いくつか取り入れられる機械のなかで
「エコキュート」がコスト的にもお得だと
考えている人もいるでしょう。

エコキュートの他にもお湯を沸かす機械で
エコキュートとの違いが分かりにくい物が
いくつかあります。

そのなかの1つとして挙げられるのが、
「電気温水器」になります。

エコキュートも電気を使用しながら
お湯を沸かすので同じだと感じている人も
少なからずいるのでは?

お湯を沸かす機械によっては
毎月の支払いにも大きく影響するので
2つの仕組みなどの違いや、お得感なども
知っておきたいところ!

そこで、今回の記事では
エコキュートと電気温水器の違いを
解説していきます(*”▽”)


エコキュートと電気温水器の4つの違いはなに?

エコキュートと電気温器の違いが
どんなところにあるのか知らない人も
結構多いと思います。

家のリフォームの際になどに
どちらを導入するかによって
家計にも少なからず影響するので
違いを知っておくといいでしょう。

主に両者には4つの違いがあるので、
下記から具体的に紹介していきたいと思います。

1.お湯の作られ方

エコキュートは「ヒートポンプ」という
技術を利用して、空気の熱でお湯を沸かす
仕組みになっています。

ヒートポンプ技術は室外に設置された
ファンが外の熱を吸収して、
その熱を利用してお湯を温めてくれます。

この技術は身近な家電製品ですと
エアコンなどにも使用されていますね。

電気温水器はタンクの中にヒーターを設置し、
その熱を利用することでお湯を沸かす仕組みです。

  • エコキュート:ヒートポンプ技術でお湯を沸かす
  • 電気温水器:貯水タンクのヒーターでお湯を沸かす

2.電気代

エコキュートと電気温水器では
どちらの方が電気代を抑えることが
できるのでしょうか?

エコキュートは上記で解説した通り
ヒートポンプという技術を利用して
お湯を沸かすのですが・・・

ファンによって外気の熱も一緒に利用しており、
省エネルギーでお湯を沸かすので毎月の値段は
安く済みます。

エコキュートの毎月の電気代は
一般的に約1000~5000円前後となります。

それでも、電気代をもっと安く!と要望の方は
下記でエコキュートの電気代を抑える方法を
紹介しています♪

⇒エコキュートの電気代高い?毎月の料金を安くする方法について

毎月の電気代ってバカになりませんから
家計を少しでも楽にしたい人には
必見の内容になっていると思います。

これに比べると、電気温水器の場合は
タンクのヒーターの電気のみで
お湯を沸かすので電気代はかかりやすいです。

電気温水器の毎月の電気代は
約3000~9000円前後となるようです。

  • エコキュートの電気代:1000~5000円前後(1ヶ月あたり)
  • 電気温水器の電気代:3000~9000円前後(1か月あたり)

3.設置のスペース

エコキュートは貯水タンクでお湯を作るので
家の庭かベランダに貯水タンクを設置する
スペースが必要になります。

一般的にタンクの大きさは
約370~570リットル程になるでしょう。

電気温水器のスペースは工事のことや
保守点検のことも考えると、
電気温水器全面側を50cm以上は
開けた方がいいかと思います。

  • エコキュートのペース:約370~570リットルのタンクを置けるくらい
  • 電気温水器のスペース:電気温水器全面側を50cm以上開けるくらい

4.機能

主なお湯の作り方に関する機能は
上記で説明してしまいましたが、
エコキュートはオゾン層破壊や
温暖化ガス排出の抑制にも繋がります。

また、エコキュートは学習機能がついており
各家庭の生活で使うお湯の量を過去の使用量で
判断して、必要な分だけを沸かすことも可能!

電気温水器はボタン一つでお湯張りや
足し湯、追い炊きなど自動で行ってくれるので
とっても便利な機能です☆

短時間の外出の際にボタン一つで
自動でお湯張りができるので、
自分の手で止める必要もないのです。

忙しくてちょっとでも家事の時間を
短縮するにはおすすめだと思います。

エコキュートと電気温水器を比較!お得なのはどっち?

エコキュートの電気水温器を比較して
結局、どちらがお得なのでしょうか?

エコキュートの初期費用は
本体台と工事費用を含めると
約60万円前後が相場でしょう。

そして、毎月の電気代が
約1000円~5000円前後となります。

電気温水器に関しては初期費用は
約50~60万円前後となってきます。

そして、毎月の電気代は
約3000円~9000円前後となります。

初期費用はエコキュートと変わらず
毎月の電気代もエコキュートの方が
安くなりますね。

エコキュートと電気水温器の寿命はどれくらい?

ここまでの解説を見ると、
エコキュートの方が圧倒的に
お得な感じがしますよね?

それでは、本体の寿命はどのくらい
違うのでしょうか?

寿命によっては電気水温器の方が
お得になる可能性もあります。

それぞれの寿命に関しては
下記の項目で解説をしていきますね!

1.エコキュート

まずはエコキュートの寿命がどのくらいか
紹介していきますね!

エコキュートの寿命については
約10年前後となります。

もちろん、これは一般的な寿命なので
本体によっては12~13年程使えるものも
あります。

長く使いたいのであれば、
購入時に使用年数がどれくらいか
確認しておくといいでしょう。

2.電気水温器

電気温水器の寿命は約20年と
かなり長いですね。

もし、長く使用することを考えると
電気温水器を検討してもいいかも
しれません(*”▽”)

これまでお伝えしてきた2種類の
金額を考えるとエコキュートの方が
お得ですが、長く使えることを考えると
電気温水器の方はお得になる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

設置するための初期費用や
毎月のコストを考えると
エコキュートの設置を検討する人が
多いのではないでしょうか?

ですが、寿命の長さによっては
電気温水器の方が安くなることも
あるので、長い目で見て考えるなら
電気水温器がおすすめかもしれません。

また、この他にもエコキュートと
他のお湯沸かし機を比較した記事が
あります。

⇒エコキュートとエコジョーズの違い!選ぶとしたらどちらがお得?

上記の記事でも同じく初期費用や
毎月のコストの比較をしているので
参考に読んでおくといいと思います。

長く使用するものですから、
家で活用するにはどちらの方がメリットか
じっくり検討してみてくださいね!

エコキュート
Sponsored Links




 

小嶋綾那をフォローする
リフォーム革命

コメント