エコキュートとエコジョーズの違い!選ぶとしたらどちらがお得?

毎月の公共料金を見てみると、
電気代やガス代が思っている以上に
高くなっていることってありませんか?

家のリフォームをする際に毎月の
公共料金を少しでも抑えられるような
作りを検討する人もいるのでは?

リフォームをする際に電気代のことを考えて
「エコキュート」を設置しようと
考えてる人もいると思います。

エコキュートはお湯を沸かす機械ですが、
同じようにお湯を沸かす機械として
「エコジョーズ」が知られていますね。

「エコキュート」と「エコジョーズ」、
使用目的が同じ2つの機械ですが・・・
これらの違いどこにあるのでしょう?

今回はこれらの仕組みの違いや選び方、
どちらがお得なのか解説したいと思います。


エコキュートとエコジョーズの4つの違いは?

知られているようで意外と知られてない
「エコキュート」と「エコジョーズ」
これら2つの違いについて。

この2つの機械には主に4つの違いがあるので
下記から1つずつ解説していきますね♪

リフォームで取り入れる際に
今後、生活にどちらの機械がメリットになるか
考えてみてください!

1.燃料の違い

まず、エコキュートとエコジョーズで
大きく違うのは燃料の違いです。

エコキュートは電気を使用してお湯を沸し、
それと比べてエコジョーズはガスを使用して
お湯を沸かす仕組みになっています。

つまり、毎月かかる光熱費が
「電気代」か「ガス代」かという
違いになっているのです。

  • エコキュート・・・電気を使用する
  • エコジョーズ・・・ガスを使用する

2.お湯の出し方

エコキュートとエコジョーズでは
お湯の出し方にも違いがあります。

エコキュートのお湯の出し方は
一旦タンクにお湯を貯めて、
そこから使う分のお湯が出てきます。

ですから、1度に大量のお湯を使うと
お湯の出が悪くなったり、湯切れを
起こす可能性もあります。

お湯の残量を気にして使用するのは
人によってはストレスになることも・・・。

お湯切れが起こりそうになれば
当然お湯を自動で沸かしますが
お湯を沸かす際に余分な費用が発生します。

エコジョーズはというと、
瞬間湯沸かし式なので必要なときに
必要な分だけその場でお湯を作って
無駄なく使うことができます。

排熱を利用しながら効率よくお湯を作るので
給油器よりもガス代の節約になります♪

エコキュート違ってお湯切れの心配をする
必要も当然ありません。

  • エコキュート・・・タンクにお湯を貯めて使用
  • エコジョーズ・・・瞬間湯沸かし式(※その場で自動的にお湯を作る)

3.設置スペース

エコキュートはタンクにお湯を貯るので
庭かベランダにお湯を貯めるだけの
約370~570リットルの貯水タンクを
設置するスペースが必要となります。

そうすると、自宅にそれなりの
スペースがないと設置するのは
難しいかもしれません。

エコジョーズはエコキュートのように
タンクにお湯を貯めることがないので
タンクの設置スペースを取ることも
ありません。

エコジョーズの大きさもエコキュートの
10分の1程度くらいになるかと思います。

  • エコキュート・・・約370~570リットルのタンクの設置スペースが必要
  • エコジョーズ・・・エコキュートの10分の1程度のスペースが必要

4.飲料としての利用

エコキュートは上記でも解説してるように
一旦タンクに貯水するので、そのお湯は
飲料として使うのは衛生的に良くありません。

エコジョーズはタンクに貯めることなく
その場で作られたお湯を使用するので
飲料して使うことも可能です。

  • エコキュート・・・飲料として不可
  • エコジョーズ・・・飲料として可能

エコキュートとエコジョーズの初期費用は?

さて、一番気になるのが設置する場合の
費用についてですよね?

初期費用はエコキュートエコジョーズでは
それなりに値段の差が発生するようです。

後ほど、2つの毎月かかる費用についても
紹介しますが、まずは設置費用から
解説をしていきましょう!

1.エコキュート

エコキュートは本体価格と工事費を
併せてかなりの初期費用がかかると
考えられます。

エコキュートの初期費用場本体価格と
工事費を併せると、約60万円前後が
相場となってくるようです。

エコキュートの初期費用については
下記の記事で詳しく解説しているので
参考に読んでみてください。

⇒エコキュートの価格の工事費込みでいくら?設置費用の相場を解説

上記の記事ではエコキュートの商品本体、
工事費や保証などもセットにしてた費用を
簡単に見積もりできるサービスも紹介!

最適価格を知りたい、お得な業者を選びたい!
そうお考えの人は必見の内容になっているので
参考にするといいかと思います。

2.エコジョーズ

エコジョーズの初期費用についてですが、
約30万円前後となっているようです。

エコキュートと比べると、
初期費用は約2倍も安くなっていますね。

ランニングコストについては
後ほど解説をしますが、
初期費用を抑えるならエコジョーズの設置を
おすすめします。

また、エコキュートの設置みたいに
余分なスペースが庭やベランダにない家にも
エコジョーズの方が最適かもしれません。

エコキュートとエコジョーズでお得なのはどっち?

エコキュートとエコジョーズで
長い目で見てお得なのはどちらでしょう?

エコキュートの年間のコストは
約4~6万円前後となります。
(※毎月約5000円前後)

また、エコジョーズの年間のコストは
約6~10万円という計算になります。
(※毎月約9000円前後)

どちらも使用できる年数は約10年程なので
約40万円の差ができる計算になります。

エコキュートはお湯を沸かすのが
割引になる深夜帯の場合が多いので
電気代が余計にかかったとしても、

それなりに安い料金で済むことが
多いので、初期費用場は高いですが
長い目で考えるとエコキュートの方が
エコジョーズよりもお得になります。

  • エコキュートのコスト:約4~6万円前後
  • エコジョーズのコスト:約6~10万円

エコキュートかエコジョーズ!家によって選び方が違う?

エコキュートかエコジョーズは
家によって選び方が異なると思います。

ちなみに、エコキュートの場合は
家にタンクを設置するスペースが
必要となります。

エコキュートを設置する場合は
自宅の庭やベランダの広さが
それなりにある方がいいでしょう。

ですが、エコジョーズの場合は
エコキュート程スペースを必要としないので
タンクを設置する程のスペースが自宅にない、
または賃貸マンションなどにはおすすめです!

まとめ

いかがでしたかでしょうか?

今回はエコキュートとエコジョーズの違い、
どちらがお得なのか?などを解説してきました

初期費用はエコキュートの方が高く
エコジョーズの方が安くいですが
毎月のコストなど長い目で見ると、
エコキュートの方がお得になります。

今回はエコキュートとエコジョーズについて
違いを比較してきましたが、下記の記事では
エコキュートと電気温水器の違いについて
比較をしています。

⇒エコキュートと電気温水器の違い!使うとしたらどちらを選ぶべき?

上記の2つを比較して仕組みの違いや
どちらがお得なのかの比較もしているので
コストの面で損をしたくない人は
かなり参考になると思います(*”▽”)

エコキュート
Sponsored Links




 

小嶋綾那をフォローする
リフォーム革命

コメント