窓の目隠しルーバーの後付けは可能?取り付け費用の相場を解説

窓の目隠しルーバーが
最初から設置してあれば問題ないですが
視線が気になる場所は
生活していく中で分かることが多々あります。

しかし
窓の目隠しルーバーは後付ができるのか
その費用の相場がどれくらいなのかは
なかなかわかりにくですよね?

窓の大きさや選ぶ目隠しルーバーの種類に
よって費用が大きく変わってしまいます。

そこで今回は、
窓の目隠しルーバーの後付が可能なのかと
設置にかかる費用の相場を紹介します。

一度、視線が気になってしまった場所は
対策をしないとずっと気になってしまいます。

リラックスして生活するためにも
ぜひ参考にしてください。


窓の目隠しルーバーの後付けは可能なの?

窓の目隠しルーバーは
後付で設置することが可能で
一般的なタイプでは
壁に直接取り付けることになります。

目隠しルーバーのデザインやカラー
窓のサイズはもちろんですが
外壁の種類もしっかり把握しておいたほうが
安心して目隠しルーバーを選ぶことができます。

後付タイプの目隠しルーバー設置する場合は
壁にブラケットを取り付けることになるので
後付の場合にはサッシと目隠しルーバーが
別になってしまいます。

一方でリフォームで
目隠しルーバーを後付する場合には
面格子付きサッシを選択することができます。

一体型のサッシに取り替えることで
仕上りも綺麗に納めることができます。

窓の目隠しのルーバーの後付けにかかる費用は?

窓の目隠しルーバーの後付にかかる費用は
約50000円程度~になります。

洗面所や浴室の窓は
そこまで大きなサイズではないので
費用が変わる要素としては
素材やカラーの違いになります。

目隠しルーバー本体の価格は
おおよそ20000円程度になるので
その他にかかる費用は
作業費や出張費がかかることになります。

窓の目隠しルーバーは一般的に
1階に設置することがほとんどですが
周辺の状況などによっては2階にも
設置することがあるかもしれません。

その場合の費用は
作業費が高額になってしまうこともあります。

窓の目隠しのルーバーの後付けは自分でも可能?

窓の目隠しルーバーの後付は
設置する場所が1階の場合には
自分でも取り付けすることが可能です。

基本的には窓のサイズに合わせた
目隠しルーバーを外壁に取り付けるだけです。

外壁の種類によっては
簡単に取り付けできないものもありますが
サイディングやトタンなどであれば
自分でも十分に取り付け可能です。

ただし、
取り付けは一発勝負なので
失敗しないように適切な場所への
マーキングは丁寧に行いましょう。

万が一失敗してしまうと
見栄え的にも雨仕舞の点からも
マイナスになってしまうので
取り付けの際には注意が必要です。

窓の目隠しのルーバーを自分で後付けする費用はいくら?

窓の目隠しルーバーを
自分で後付するのにかかる費用は
選ぶ商品の価格に比例しますが

一般的な商品であれば
約20000円程度~になります。

取り付ける窓のサイズとルーバーの種類で
金額に大きな差が出てしまうので
商品を慎重に選ぶことが大事です。

大きく金額が変わる要因としては
同じ目隠しルーバーでもルーバー部分が
可動するタイプか固定のタイプなのかです。

可動タイプのルーバーであれば
角度を自由に調整できるので
気になる方向からの視線へ
適切な対策が可能になります。

窓の目隠しのルーバーを取り付けるメリットは?

窓に目隠しルーバーを取り付けるメリットは
外からの視線を遮ることができることです。

ルーバーの間隔にもよりますが
視線だけでなく防犯の面からも
窓の目隠しルーバーは効果を発揮してくれます。

浴室や洗面所の窓は建物の裏側などに
設置されることが多いので
狙われやすい窓になります。

目隠しルーバーを設置することで
簡単に侵入することが難しいと
判断させることで危険を避けることができます。

窓の目隠しのルーバーの取り付けの業者の選び方は?

窓の目隠しルーバーの取り付けを
業者に依頼する場合にはしっかりと
現地調査をしてくれる業者がおすすめです。

窓の大きさや道路からの位置、
隣地からの視線など目隠しルーバーと言っても
様々な条件を考慮して
商品の選定や取り付け方法を決定するべきです。

防犯面も合わせて強化するなら
取り外しに専用工具が必要な
特殊なビスを使用してもらうなど

細かな点まで相談に乗ってくれる
業者にお願いしたいですね。

窓の目隠しのフェンスの取り付けもおすすめ?

窓の目隠しルーバーを取り付けるには
外壁にビスで固定する必要があります。

ハウスメーカーによっては雨漏りなどの
保証の対象から外れてしまうこともありますし
建物の外観や印象が崩れてしまう場合にも
目隠しのフェンスの取り付けがおすすめです。

目隠しのフェンスであれば
外壁への取り付けも必要なくなりますし
素材やカラーも建物の外観に
合わせた商品を選ぶことができます。

保証や見栄えを保ったまま視線を遮るには
目隠しのフェンスも検討してみてください。

まとめ

今回は窓の目隠しルーバーについて
後付けができるのかや取り付けにかかる
費用の相場を紹介しました。

窓の目隠しルーバーの後付けについて

  • 後付けは可能なのか
  • 後付けにかかる費用
  • 自分でも目隠しルーバーを後付け可能
  • 自分で後付けする費用
  • 目隠しルーバーを取り付けるメリット
  • 取り付け業者を選ぶポイント
  • 窓の目隠しフェンスもおすすめ

と紹介させて頂きました。

窓の目隠しルーバーを設置するには
それなりに費用もかかってしまいます。

外からの視線を遮る対策として
費用を抑えられるのは室内側からする
カーテンなどの対策です。

設置方法にもよりますが
窓の枠への取り付けが可能であれば
簡単にできます。

こちらの記事では
窓の枠について修理にかかる費用や
相場の値段と安くするためのコツも
合わせて紹介していますので
ぜひ参考にしてください。

⇒窓の枠の修理の費用!値段の相場や安くするためのコツとは?

業者に依頼するには費用がかかってしまいすが
外壁側を自分で行うと雨漏りなどの
問題にも発展してしまうこともあるので
できれば室内側で対策したいですね。

Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント