窓のエアコンの取り付け!取り付け費用や安くするためのコツは?

賃貸物件など壁に穴を開けることができない
部屋には窓用エアコンがおすすめです。

引違いの窓があれば
簡単に設置することができますが
販売されている種類も少ないので
本体の価格や取付費用もわかりにくいですよね?

  • 自分の部屋の窓にも取り付けできるかわからない
  • 壁付けエアコンとどっちがいいのかわからない

を検討してからでないと
実際に購入することも難しいです。

そこで今回は、
窓のエアコンの取り付けにかかる費用や
安くするコツを紹介します。

窓のエアコンにするメリットや
気になる電気代も合わせて紹介しますので
ぜひ参考にしてくださいね。


窓のエアコンの取り付けの費用はいくら?

窓のエアコンの取り付けにかかる費用は
窓用エアコン本体の価格と
取り付けの作業費になります。

取り付けにかかる費用は
約60000円程度~になります。

窓用エアコンには冷房専用と
冷暖房用があるので注意が必要です。

取り付けに関して言えば
引違いの窓に設置するだけなので
業者に依頼せずとも
自分で取り付けることも可能です。

実際にDIYで窓のエアコンを取り付ける
人も少なくありません。

窓のエアコンの取り付けの費用を抑える3つのコツは?

窓のエアコンの取り付けには最低でも
60000円程度かかってしまうので
壁用のエアコンとたいして代わりが
無くなってしまうこともあります。

少しでも取り付けにかかる費用を
抑えるコツを3つ紹介します。

同じ地域、同じ商品でも業者によって
費用は大きく変わってしまいます。

複数の業者に見積もりを取ることが
大事なってきます。

リノコでは最大で5社から
同時に見積もりを取ることができます。

⇒リノコで窓のエアコンの取り付け工事を相談してみる

同じフォーマットで比較することで
費用の相場を把握しやすくなりますので
ぜひ参考にしてください。

1.地元の業者を選ぶ

壁用のエアコンが普及しているので
窓のエアコンはあまり
見かけなくなってしまいました。

インターネットなどでは
探すことはできますがその場合には
出張費や交通費に注意が必要になります。

費用を抑えるコツは出張費や交通費が
かからない地元の業業者を選ぶことです。

新品にこだわりがないのであれば
地元の業者の持っている在庫を格安で
譲ってもらうこともできるかもしれませんので
ぜひ相談してみてください。

2.本体の費用を安くする

窓のエアコンの取り付けにかかる費用は
本体価格と作業費に分けられます。

作業費は自分で取り付けを行うことで
下げることもできますが
さらに費用を下げるには
本体の価格を下げる必要があります。

冷暖房から冷房専用に切り替えてみたり
新品にこだわらず中古でも探してみることで
費用を抑えることが可能になりますよ。

3.見積もりを複数比較する

窓のエアコンの取り付け費用を抑える上で
1番大事なコツが複数の業者から
見積もりを取ることです。

同じ内容の見積もりを比較することで
正確な金額の相場を把握することができます。

一つの業者の金額だけで決めてしまうのは
あまりに危険なので数社に
見積もりを依頼することをおすすめします。

窓のエアコンを取り付けるメリットとは?

壁付けエアコンが普及した今でも
窓のエアコンを取り付けるメリットは
壁に穴を開けること無く
エアコンを設置できることです。

夏場の暑い時期に扇風機だけの生活は
ただ暑いだけでは済まない
危険な状態になってしまいます。

しかし、
賃貸物件や壁に穴を開けることができない
構造の建物の場合には
壁用エアコンの取り付けは難しくなります。

部屋に引違いの窓があれば
壁に穴を開けること無くエアコンを
取り付けることができます。

窓のエアコンであれば
自分で取り付けも可能なので
作業費を抑えることもできますし

中古のエアコンを探すことができれば
さらに費用を抑えることも可能になります。

窓のエアコンの毎月の電気代はいくらになる?

窓のエアコンの毎月の電気代は
壁用エアコンに比べて高くなります。

実際に6畳用のエアコンを使用した
電気代を比べてみると
毎月の電気代の差は約800円程度になります。

電気代の差額は
1年で約10000円にも
なってしまうので
なかなかあなどれない数字です。

本体価格や作業費を抑える事はできても
ランニングコストは壁用エアコンよりも
格段にかかってしまうことを
知っておく必要がありますね。

電気代がかかってしまうのは室内の温度と
外気の差が大きいことが原因になります。

少しでも温度差を和らげるためには
窓にフィルムを貼るなどの
工夫も大事になってきます。

こちらの記事では
窓のフィルムの施工について
料金の相場と業者を選ぶときのポイントを
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒窓のフィルムの施工!料金の相場と業者を選ぶときのポイントは?

サーキュレーターや扇風機の併用でも
電気代を節約する事はできますので
組み合わせた対策が効果的ですよ。

まとめ

今回は窓のエアコンの取り付けについて
費用や安くするコツを紹介しました。

窓のエアコンの取り付けは

  • 取付費用は約60000円程度から可能
  • 取付費用を抑える3つのコツ
  • 窓のエアコンのメリット
  • 窓のエアコンと壁エアコンの電気代比較

を紹介させて頂きました。

エアコンの冷暖房効率は
窓の防寒対策でも大きく変わってきます。

こちらの記事では
窓の防寒の対策について効果的な方法を
紹介していますのでぜひ参考にしてください。

⇒窓の防寒の対策について!寒さにサヨナラする効果的な方法は?

窓の防寒対策は様々な方法を
知った中から適切た物を組み合わせることが
最も効果が期待できます。

寒さにサヨナラする方法を
見つける手助けになりますので
ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Links




 

森田 慎太郎をフォローする
リフォーム革命

コメント